マニュアル(man)のセクション番号

linuxではmanコマンドを使うことによって、いつでもマニュアルが読めるようになってい
ます。

たとえばlsコマンドのマニュアルが見たいときは、

man ls

printfなんかは、コマンドとライブラリ両方存在するので、セクション番号を指定すれば
よいです。

man 1 printf
または、
man 3 printf

セクション番号と意味は以下のとおり。

1 実行プログラムまたはシェルコマンド
2 システムコール (カーネルが提供する関数)
3 ライブラリー呼び出し (プログラムライブラリーに含まれる関数)
4 Special files (usually found in /dev)
5 ファイルの書式と慣習 (例: /etc/passwd)
6 ゲーム
7 Miscellaneous (including macro packages and conventions), e.g.
man(7), groff(7)
8 システム管理コマンド (通常は root 用)
9 カーネルルーチン [非標準]

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA