linuxでアプリのインストール(apt yum)

9-1.ソース・ビルド・インストール
石川智晶 LIVE 2015年1月「アンインストール」

(石川智晶 LIVE 「アンインストール」)

動画は、アニメ『ぼくらの』(2007)のOPです。
「このプログラムはアンインストールできない!」
作品中の後半になってやっと出てくるセリフですが、このセリフがOPとどう絡んでいるのかずっと分からず。
「最初から15人で1人だった。」って深そうなセリフもぜんぜん意味が分からず。
ロボットは出てきますがメカアクションを楽しむものではなく、深く考えてもよく分からない群像劇でした。
感想は、理不尽。
戦いに勝ってもパイロットは生きられないのに、大人たちがあまりにも無感情で、
何のためのゲームなのか。どれだけ搾取すれば気がすむのか。
社会の理不尽さを訴えてるのかどうかはわかりませんが、子供なのに、子供だから背負うものがあまりにも大きいってことは伝わりました。
小さくても大きくても、みなそれぞれ抱えてるってことです。
ちなみに、宇白順のエピソードが一番好きでした。

アンインストールということで、Linuxコマンドのインストール、アンインストールについての記事です。

インストール、アンインストールは、基本的にはコマンド1行入力してEnterするだけです。

スポンサーリンク

インストール

Debianなら、
apt install パッケージ名

takk~$ sudo apt install erlang

(省略)

takk~$

CentOSなら、
yum install パッケージ名

takk~$ sudo yum -y install erlang

(省略)

Complete!
takk~$

このパッケージとは、debやrpmファイルのことです。
debのパッケージたち

パッケージはこんな風に複数指定できます。

takk~$ sudo apt install findutils sed

上記は、findコマンドが入っているfindutilsパッケージと、sedコマンドをインストールする例です。
でも、sedとfindは最初から入っているので使うことはないと思います。

アンインストール

アンインストールは、uninstallではなくて、removeを使います。

Debian
apt remove パッケージ名

takk~$ sudo apt remove erlang

(省略)

takk~$

CentOS
yum remove パッケージ名

takk~$ sudo yum remove erlang

(省略)

Complete!
takk~$

コメント

タイトルとURLをコピーしました