電卓表示の絵を作る(その2)

「電卓表示の絵を作る(その1)」の続きです。今回は、banner結果のLibreOffice(Calc)への貼り付けです。

準備するもの
  • Linux PC(確認環境はDebian 8.3 Jessie)
  • LibreOffice(Calc)

LibreOffice(Calc)を起動して、「書式」「条件付き書式」「条件」を選択します。
calc-font-libre-002

「セルの値が次の値」「次の値に等しい」で「1」と入力して、OKボタンをクリックします。
calc-font-libre-004

「管理」タブが開きますので、名前を「黒表示」とでもしておきましょう。
calc-font-libre-005

「フォントの効果」タブで、「フォントの色」を「黒」に。
calc-font-libre-006

「枠線」タブで、「色」を「黄緑5」にして、周囲に線を引きます。
calc-font-libre-009

「背景」タブで、「背景色」を「黒」にして、OKをクリック。
calc-font-libre-010

「追加」をクリックして条件2を追加します。
calc-font-libre-011

「セルの値が次の値」「次の値に等しくない」で「1」と入力して、OKボタンをクリックします。
calc-font-libre-012

「管理」タブの名前は「緑表示」にしました。
calc-font-libre-013

「背景」タブで、「背景色」を「黄緑5」にして、OKをクリック。
calc-font-libre-014

「範囲」を適当に広範囲にしたら、OKをクリック。※範囲は「E4をA1:BJ177」にしました。
calc-font-libre-015

calc-font-libre-016

ターミナルで、前回作ったbanner.plを実行します。結果はパイプでleafpadに渡します。

takk:~/calc$ perl banner.pl 1+2x3/2 | leafpad

calc-font-libre-017

calc-font-libre-018

CTRL+Aで全選択して、#を1に置換します。

calc-font-libre-021

calc-font-libre-024

置換したテキストをlibreOfficeへ貼り付けます。「区切る」にチェックを入れます。
calc-font-libre-023

貼り付けされると、電卓のLCDのようなドット絵ができます。1を入力するとドットが打たれますので、手軽に修正できます。
calc-font-libre-022

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA