グループIDを確認する

ユーザIDの次は、グループIDを見て行きましょう。
1000番以上のIDを抽出します。

root@deb8:~# awk -F: '$3 >= 1000{print}' < /etc/group
nogroup:x:65534:
takk:x:1000:
takk2:x:1001:
test1:x:1003:
root@deb8:~# 

上記test1というグループ名は、test1ユーザ作成時に生成されたtest1グループを表します。

root@deb8:~# id test1
uid=1002(test1) gid=1003(test1) groups=1003(test1)
root@deb8:~# 

では、ユーザtest1の所属グループを変更してみます。takk2グループに所属させます。

root@deb8:~# usermod -G takk2 test1
root@deb8:~# id test1
uid=1002(test1) gid=1003(test1) groups=1003(test1),1001(takk2)
root@deb8:~# 

この時、/etc/groupの情報も変更されます。takk2の行に、所属しているユーザ名が登録されます。

root@deb8:~# grep ^takk2 < /etc/group
takk2:x:1001:test1
root@deb8:~# 

さらに3ユーザ追加してみます。

root@deb8:~# useradd test2
root@deb8:~# useradd test3
root@deb8:~# useradd test4
root@deb8:~# 

各ユーザに、所属グループにtakk2に変更してみます。
test2ユーザをtakk2グループへ変更。

root@deb8:~# usermod -G takk2 test2
root@deb8:~# grep ^takk2 < /etc/group
takk2:x:1001:test1,test2
root@deb8:~# 

test3ユーザをtakk2グループへ変更。

root@deb8:~# usermod -G takk2 test3
root@deb8:~# grep ^takk2 < /etc/group
takk2:x:1001:test1,test2,test3
root@deb8:~# 

test4ユーザをtakk2グループへ変更。

root@deb8:~# usermod -G takk2 test4
root@deb8:~# grep ^takk2 < /etc/group
takk2:x:1001:test1,test2,test3,test4
root@deb8:~# 

test2ユーザをtest2グループへ戻す。

root@deb8:~# grep ^takk2 < /etc/group
takk2:x:1001:test1,test3,test4
root@deb8:~# 

test3ユーザは、プライマリグループをtakk2に変更。

root@deb8:~# id test3
uid=1004(test3) gid=1005(test3) groups=1005(test3),1001(takk2)
root@deb8:~# usermod -g takk2 test3
root@deb8:~# id test3
uid=1004(test3) gid=1001(takk2) groups=1001(takk2)
root@deb8:~# 

gidもgroupsもtakk2となりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA