headの意外な使い方

headはファイルの先頭部分を表示するコマンドですが、複数ファイルに使う場合、その質素な使用法には不釣り合いの豪華なパフォーマンスを提供してくれるコマンドです。

まずは、普通の使い方。

$ seq 100 | head
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

1〜100の数字を頭10行のみ表示しました。当然1〜10しか表示されてません。意図どおりです。

次に複数ファイルを扱いますが、まずは実験用ファイルを作ります。

~$ for i in `seq 5`;do banner $i>$i;done
~$ ls
1  2  3  4  5

ファイル1〜5までにbannerで生成したテキストを格納してみました。

それでは準備ができたのでheadで複数ファイルを指定してみます。

~$ head * | pr -t5
==> 1 <==     ==> 2 <==     ==> 3 <==     ==> 4 <==     ==> 5 <==
   #           #####         #####        #             #######
  ##          #     #       #     #       #    #        #
 # #                #             #       #    #        #
   #           #####         #####        #######        #####
   #          #                   #            #              #
   #          #             #     #            #        #     #
 #####        #######        #####             #         #####


headの活用はまだまだありますが、続きはまた次回。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA