キーボードの左手側だけで入力できる単語を探す


アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

手紙の代筆という仕事を通じて人と触れ合いながら、ヴァイオレットは、大切な人からもらった最後の言葉の意味を探していきます。
とても優しい気持ちになるアニメです。一話一話見るたびに、心が洗われる気がします。

手紙の代筆は、タイプライターで行いますが、昔、タイピング代行してくれる会社の社員はこのアニメのように女性社員が多かった覚えがあります。どの社員もかな打ちが当たり前で、そのタイピングの速さに、なぜか笑いが込み上げた覚えがあります。すごいものを目の当たりにすると人は笑ってしまうのですね。

さて今回はタイピング関連。プログラムのテストを書く時に、testという単語を多用するのですが、よく使うからなのか、打ちやすい単語だなあと感じます。私は。
まあ打ちやすいかどうかは人それぞれだと思いますが、私の場合、集中するとコーヒーが空でもマグカップを持つのが癖で、右手がよく塞がるので、左手だけで入力できる単語が、打ちやすいと感じるのでしょう。

では、testのように、キーボードの左手側にある小文字で構成されている単語を探してみます。
左手側とは色付きの箇所です。

たくさん見つかり過ぎてしまうので、4文字の単語に限定します。

takk@deb9:~$ perl -ne 'print if /^[qwertasdfgzxcvb]{4}$/' /usr/share/dict/words | pr -t5J
abed    bras    eras    raga    tabs
abet    brat    ergs    rage    tact
aced    bred    errs    rags    tads
aces    brew    ever    rare    tags
acre    cabs    eves    rate    tare
acts    cads    ewer    rats    tars
adds    cage    ewes    rave    tart
adze    card    exec    raze    tats
afar    care    exes    razz    tear
agar    cars    face    read    teas
aged    cart    fact    rear    teat
ages    case    fade    reds    teed
arcs    cast    fads    reed    tees
area    cats    fags    reef    test
ares    cave    fare    refs    text
arts    caws    fart    rest    tree
aver    cede    fast    revs    tsar
awed    crab    fate    sacs    twee
awes    crag    fats    safe    tzar
axed    craw    faze    saga    vase
axes    crew    fear    sage    vast
baas    czar    feat    sags    vats
babe    dabs    feds    sass    veer
bade    dads    feed    sate    verb
bags    daft    fees    save    vest
barb    dare    feet    saws    vets
bard    dart    fest    scab    wade
bare    data    feta    scad    wads
barf    date    frat    scar    waft
bars    daze    free    scat    wage
base    dead    fret    sear    wags
bass    deaf    gabs    seas    ward
bast    dear    gads    seat    ware
bate    debs    gaff    secs    wars
bats    debt    gage    sect    wart
bead    deed    gags    seed    watt
bear    deer    garb    seer    wave
beat    deft    gate    sees    wear
beds    drab    gave    sera    webs
beef    drag    gaze    sere    weds
beer    draw    gear    serf    weed
bees    drew    geed    sets    weer
beet    ears    gees    sews    wees
begs    ease    geez    stab    weft
berg    east    gets    stag    were
best    eats    grab    star    west
beta    eave    grad    stew    wets
bets    ebbs    grew    swab    zeds
brad    edge    race    swag    zest
brag    eggs    raft    swat    zeta
takk@deb9:~$

ほんとに、たくさんありました。
dearやbird、beerまで。英語得意じゃなくても意味の分かる単語けっこうあります。これらは全部左手だけで入力できるんですね。

プログラミングって、名前決めに一番苦労したりしますが、一時的に使うプログラムの変数なんかに考える時間を費やすのは、勿体ないです。だからこそ先人たちが、foo bar bazやhoge、fuga使い始めたのだろうかと思います。でもbarはともかく、fooやhogeって打ちづらい。
達人を目指すにあたり、毎度変数名を考える労力はゼロにしたいので、これからずっと使い続けて行ける、fooやbar以外のお決まり単語を決めようかなあと思ってます。
まあ、今回のように、調べれば打ちやすい単語はたくさんありそうなので、じっくり選んでいこうかと思います。

とりあえず、手紙の書き出し、dearは、コーヒー飲みながら入力できるということは分かりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA