treeで全体像を把握

treeコマンドはファイルをツリー形式で表示してくれるコマンドです。

~$ mkdir -p 1/2/3/4
~$ tree
.
└── 1
    └── 2
        └── 3
            └── 4

4 directories, 0 files

ランダムに生成したディレクトリをツリー表示してみましょう。

 
~$ r(){
> expr $RANDOM % 10
> }
~$ for i in `seq 5`
>do mkdir -p `r`/`r`/`r`
>done
~$ tree
.
├── 1   
│   ├── 2    
│   │   ├── 3     
│   │   │   └── 4      
│   │   └── 4     
│   │       └── 6     
│   └── 9    
│       └── 5    
│           └── 7    
├── 3   
│   └── 4    
│       └── 9    
│           └── 6    
├── 4   
│   └── 5    
│       └── 4    
│           └── 1
└── 8
    └── 7
        └── 0
            └── 9

21 directories, 0 files

ディレクトリのみのツリー表示でしたが、もちろんファイルも表示できます。さきほど作成したディレクトリ構造に、ファイルを保存してみましょう。

~$ touch 1/2/3/4/aaaa.txt
~$ tree
.
├── 1
│   ├── 2
│   │   ├── 3
│   │   │   └── 4
│   │   │       └── aaaa.txt
│   │   └── 4
│   │       └── 6
│   └── 9
│       └── 5
│           └── 7
├── 3
│   └── 4
│       └── 9
│           └── 6
├── 4
│   └── 5
│       └── 4
│           └── 1
└── 8
    └── 7
        └── 0
            └── 9

21 directories, 1 file

aaaa.txtがツリーに現れました。

touchコマンドはタイムスタンプを更新するコマンドですが、ファイルが存在しないとファイルを生成してくれます。

One response to “treeで全体像を把握

  1. Thanks for writing such an easouty–nderstand article on this topic.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA