Vimでタブページ

Vimのタブページを使ってみます。
いつものごとく、適当にファイルを生成して、

~$ seq 50 | split -dl10
=$ ls
x00  x01  x02  x03  x04
=$ 

Vimを起動します。 各ファイルをタブページに割り当てるため-pオプションを使います。

~$ vim -p *

vim-tabpage-001

タブページは、gtで右方向。
vim-tabpage-002

gTで左方向に切り替えできます。
vim-tabpage-003

タブページの一覧を表示するには
:tabs
カレントウィンドウには>がついています。
vim-tabpage-004

各タブページへコマンドを送ってみましょう。以下のコマンドで、数字を2倍にしてみます。
(vimからperl等のスクリプトを実行する際は、%にエスケープが必要)
:tabdo :%!perl -pe ‘s/(\d+)/sprintf(“\%d”,$1*2)/e’
vim-tabpage-005

vim-tabpage-006

修正されたファイルには+マークが付きます。
vim-tabpage-007

保存して終了するには、
:wqa
です。

One response to “Vimでタブページ

  1. If intfomarion were soccer, this would be a goooooal!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA