bc/dcコマンドで2進変換

ドラマ『大貧乏』(2017)小雪/伊藤淳史
全然大貧乏に見えないですが大貧乏の設定ですね。インスタントラーメンは貧乏そうに見えますが、食べられるってことはガスが来てますからね。きれいな服きてるし、ごはん食べれてそうだし、本当に生活がつらい人がみたらカチンとくるかもしれません。一方裕福な弁護士役の田口先生(バチスタ)は、ぜんぜん金持ちに見えません。コミカルで笑えます。

お金がないなあと思ったら、単位を変えてお金を数えるといいかもです。リラとかに換金しただけでお金持ち気分になると聞いたことがありますし。
今手元に32円しかなくても、2進数で表示すると、

takk@deb8:~$ bc
bc 1.06.95
Copyright 1991-1994, 1997, 1998, 2000, 2004, 2006 Free Software Foundation, Inc.
This is free software with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
For details type `warranty'. 
obase=2
32
100000

おー。10万円です(2進数)。

で、本当は2023円あるので、

2023
11111100111
quit
takk@deb8:~$ 

あー。数えられません。億万長者(2進数)ですね。

このようにbcコマンドでは基数を変更できます。出力の基数をobase、入力をibaseで指定します。

次はdcコマンドです。dcコマンドで入力の基数はi、出力の基数をoで設定します。逆ポーランド記法ですので、数字のあとにi、またはoを置きます。

takk@deb8:~$ dc
2o
32p
100000

入力基数を8進、出力を2進として744を変換してみます。

8i2o
744p
111100100

dcの終了は、qだけで良いです。

q
takk@deb8:~$ dc

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA