Blenderの各ウィンドウ(Area)

Blenderの各ウィンドウについて見ていきましょう。Blenderを起動します。

起動直後のBlenderでは、各ウィンドウがこのように配置されています。紛らわしいのでAreaと呼ぶことにします。

各Areaには、Editor Typeを選択するボタンがついてます。
クリックすると、メニューが表示されます。

選択できるのは、これらのEditorです。

    Python Console

    File Browser

    Info
    User Preferences
    Outliner
    Properties

    Logic Editor
    Node Editor
    Text Editor
    Movie Clip Editor
    Video Sequence Editor
    UV/Image Editor

    NLA Editor
    Dope Sheet
    Graph Editor
    Timeline

    3D View

Areaの追加をしてみます。各Areaに備わっている機能ですが、今回は3D Viewを操作します。
3D Viewの右上の三角マークをドラッグすると、

もう一枚、3D Viewが出現し、Areaが追加されました。

追加したAreaに違うEditorを割り当ててみましょう。Python Consoleにしてみます。

python Console上で、次のコマンドを入力します。

>>> for area in bpy.context.screen.areas:
...    print(area.type)

INFO
PROPERTIES
TIMELINE
OUTLINER
CONSOLE   
VIEW_3D

現在スクリーン上にあるAreaの一覧を表示しました。さきほど、Python Consoleを追加したので、「CONSOLE」というタイプが増えています。
タイプの意味はこのようになっています。

CONSOLE          Python Console
FILE_BROWSER     File Browser
INFO             Info
USER_PREFERENCES User Preferences
OUTLINER         Outliner
PROPERTIES       Properties
LOGIC_EDITOR     Logic Editor
NODE_EDITOR      Node Editor
TEXT_EDITOR      Text Editor
CLIP_EDITOR      Movie Clip Editor
SEQUENCE_EDITOR  Video Sequence Editor
IMAGE_EDITOR     UV/Image Editor
NLA_EDITOR       NLA Editor
DOPESHEET_EDITOR Dope Sheet
GRAPH_EDITOR     Graph Editor
TIMELINE         Timeline
VIEW_3D          3D View

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA