コマンドラインからC#でDXライブラリを使う(その4)


マウスで花火を描いてみました。

「コマンドラインからC#でDXライブラリを使う(その3)」の続きで、今回はマウスを使ってみます。

DX.GetMouseInput()は、マウスのボタンの押下情報が各ボタンがbit別に戻りますので、
(DX.GetMouseInput() & DX.MOUSE_INPUT_RIGHT) != 0
というように判定して使います。

main.cs

using System;
using DxLibDLL;
	
class Test{
	[STAThread]
	static void Main(){
		int X, Y;
		uint Color;
		Random r=new Random();
		DX.ChangeWindowMode(DX.TRUE);
		DX.SetGraphMode(640,480,32);

		if(DX.DxLib_Init() == -1) return;

		while(DX.ProcessMessage() == 0
			&& DX.CheckHitKey(DX.KEY_INPUT_ESCAPE) == 0){

			if( ( DX.GetMouseInput() & DX.MOUSE_INPUT_LEFT ) != 0 ){
				DX.GetMousePoint(out X, out Y);
				Color = DX.GetColor(
					r.Next(256),
					r.Next(256),
					r.Next(256));
				DX.DrawCircle(X, Y,10, Color,DX.TRUE);
			}
		}
		DX.DxLib_End();
	}
}

実行動画です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA