headコマンド

1-6.パイプ・フィルタ
TVアニメ「CHAOS;CHILD」プロモーションVTR

アニメ『CHAOS;CHILD』(2008)

なかなかのカオス。3話まで見てようやく、主人公から見えてるものを表現しているんだと、やっとのこさ理解。つまり頭の中がカオスってことなんだな。CHAOS;CHILDというか、CHAOS;HEADでは?
って、分かってからは普通に面白くなってきましたが、後半でまたカオスになってきました。タイトル通りかもしれない。

headは頭という意味ですが、headコマンドはテキストの先頭部分のみを表示させるコマンドです。

manの説明は以下のとおり。

takk~$ man head

HEAD(1)                        ユーザーコマンド                        HEAD(1)

名前
       head - ファイルの最初の部分を出力する

書式
       head [オプション]... [ファイル]...

説明
       各 FILE の先頭 10 行を標準出力に出力します。 FILE が 2 個以上指定された
       場合は ヘッダーとしてファイル名が内容の前に出力されます。

他コマンドの出力をフィルタリングするときに使います。

例えば、seqで書式指定して20行を表示すると、

takk~$ seq -f "%010g" 20
0000000001
0000000002
0000000003
0000000004
0000000005
0000000006
0000000007
0000000008
0000000009
0000000010
0000000011
0000000012
0000000013
0000000014
0000000015
0000000016
0000000017
0000000018
0000000019
0000000020
takk~$

上記のように表示されますが、この結果をheadで抽出してみましょう。

takk~$ seq -f "%010g" 20 | head
0000000001
0000000002
0000000003
0000000004
0000000005
0000000006
0000000007
0000000008
0000000009
0000000010
takk~$

引数は-(ハイフン)に続けて、抽出行数を指定します。

頭から3行を抽出してみます。

takk~$ seq -f "%010g" 20 | head -3
0000000001
0000000002
0000000003
takk~$

先頭から3行目までが抽出されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました