放物線の丘を描く

いきなりですが、コンソールに放物線を丘を描きます。 xの二乗の単純なグラフです。

takk@deb83:~$ clear;seq -10 10 | perl -ne 'printf"%d,%d\n",$_**2,$_'
100,-10
81,-9
64,-8
49,-7
36,-6
25,-5
16,-4
9,-3
4,-2
1,-1
0,0
1,1
4,2
9,3
16,4
25,5
36,6
49,7
64,8
81,9
100,10
takk@deb83:~$ 

エスケープシーケンスを使うときは、マイナスの値にならないように下駄を履かせます。

takk@deb83:~$ clear;seq -10 10 | perl -ne 'printf"\x1b[%d;%dHX",1+$_**2,11+$_'

parabola-001
隙間がありますので、点を多くします。

takk@deb83:~$ clear;seq -40 40 | perl -ne 'printf"\x1b[%d;%dHX",1+$_**2/80,41+$_'

parabola-002
緩やかな丘ができました。

※アニメの感想を省略してしまいましたが、アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の「見晴らしの丘」からインスパイヤされ放物線の丘に至りました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA