PowerShellを使う

Linux使いだからといって、食わず嫌いはしません。WindowsのPowerShellもそろそろ覚え始めます。

コマンドプロンプトのようなコンソールは、powershellを実行すれば表示されます。

コマンドプロンプトのように真っ黒ではなく青みが買ったコンソールです。

簡単なコマンドを実行してみます。

PS C:\Users\takk> write-output HELLO
HELLO
PS C:\Users\takk>

echoも実行できます。

PS C:\Users\takk> echo HELLO
HELLO
PS C:\Users\takk>

実は、write-outputもechoも同じことをやってます。
write-outputのエイリアスがechoです。

エイリアスの設定状況を見てみましょう。get-aliasを使います。

PS C:\Users\takk> get-alias

CommandType     Name                                               ModuleName
-----------     ----                                               ----------
Alias           % -> ForEach-Object
Alias           ? -> Where-Object
Alias           ac -> Add-Content
Alias           asnp -> Add-PSSnapin
Alias           cat -> Get-Content
Alias           cd -> Set-Location
Alias           chdir -> Set-Location
Alias           clc -> Clear-Content
Alias           clear -> Clear-Host
Alias           clhy -> Clear-History
Alias           cli -> Clear-Item
Alias           clp -> Clear-ItemProperty
Alias           cls -> Clear-Host
(省略)
PS C:\Users\takk>

エイリアス名を指定して確認するには、引数にエイリアスを指定します。

PS C:\Users\takk> get-alias echo

CommandType     Name                                               ModuleName
-----------     ----                                               ----------
Alias           echo -> Write-Output


PS C:\Users\takk>

echoが、write-outputのエイリアスであることが確認できました。

One response to “PowerShellを使う

  1. Pingback: PowerShellを理解する(その2) | コマンドの達人

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA