PowerShell(エイリアス)

PowerShellを使う」の続きです。

PowerShellは、Unix/Linuxを使ってる人でもとっつきやすいエイリアス名となっています。

lsはGet-ChildItemというコマンドレットのエイリアスで、Get-ChildItemというコマンドレット名を先に見てしまうと、臆してしまうのですが、まあ要するにlsです。
使ってみます。

PS C:\Users\takk> ls


    ディレクトリ: C:\Users\takk


Mode                LastWriteTime     Length Name
----                -------------     ------ ----
d----        2017/06/24     19:00            .android
d-r--        2017/06/24     19:00            Contacts
d-r--        2017/06/24     19:01            Desktop
d-r--        2017/06/24     19:00            Documents
d-r--        2017/06/24     19:00            Downloads
d-r--        2017/06/24     19:00            Favorites
d-r--        2017/06/24     19:00            Links
d-r--        2017/06/24     19:00            Music
d-r--        2017/06/24     19:00            Pictures
d-r--        2017/06/24     19:00            Saved Games
d-r--        2017/06/24     19:00            Searches
d-r--        2017/06/24     19:00            Videos


PS C:\Users\takk>

lsコマンドは、元々はUnixで使われていたコマンドで、ただファイル名を表示する仕様が美しかったのですが、PowerShellのlsはなんだか情報が多いですね。
ファイル名のみ表示するオプションもあります。-Nameです。大文字小文字は区別しませんので、ls -nameでよいです。

PS C:\Users\takk> ls -name
.android
Contacts
Desktop
Documents
Downloads
Favorites
Links
Music
Pictures
Saved Games
Searches
Videos
PS C:\Users\takk> 

ls -nameを打つのが長いという場合は、ls -nでも良いです。

PS C:\Users\takk> ls -n
.android
Contacts
Desktop
Documents
Downloads
Favorites
Links
Music
Pictures
Saved Games
Searches
Videos
PS C:\Users\takk>

ディレクトリを作ってみます。mkdirが使えます。New-Itemコマンドレットのエイリアスです。

PS C:\Users\takk> mkdir aaa


    ディレクトリ: C:\Users\takk


Mode                LastWriteTime     Length Name
----                -------------     ------ ----
d----        2017/06/26     20:25            aaa


PS C:\Users\takk>

ディレクトリを切り替えるには、cdです。 (コマンドレットは、Set-Location)

PS C:\Users\takk> cd aaa
PS C:\Users\takk\aaa>

当然ディレクトリは空です。

PS C:\Users\takk\aaa> ls
PS C:\Users\takk\aaa>

ファイルを作ってみます。Linuxと同じくリダイレクトできます。

PS C:\Users\takk\aaa> echo HELLO > file1

ファイルが作成されたか確認します。

PS C:\Users\takk\aaa> ls -n
file1
PS C:\Users\takk\aaa>

中身を見てみましょう。catが使えます。(コマンドレットは、Get-Content)

PS C:\Users\takk\aaa> cat file1
HELLO
PS C:\Users\takk\aaa>

ファイルをリネームするには、mv (コマンドレットは、Move-Item)

PS C:\Users\takk\aaa> mv file1 file2
PS C:\Users\takk\aaa> ls -n
file2
PS C:\Users\takk\aaa>

ファイルの削除は、rmです。(コマンドレットは、Remove-Item)

PS C:\Users\takk\aaa> rm file2
PS C:\Users\takk\aaa> ls
PS C:\Users\takk\aaa>

One response to “PowerShell(エイリアス)

  1. Pingback: PowerShellを理解する(その3) | コマンドの達人

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA