PowerShell(for、foreach)

PowerShell(out-nullで出力を捨てる、再帰的ファイル一覧)」の続きです。

今回はfor、foreachを使います。

前回もforを使いましたが、forの文法は、

for(初期化式;条件式;加減式){
 処理
}

です。使ってみましょう。

PS C:\Users\takk> for($i=0;$i -lt 3; $i++){echo $i}
0
1
2
PS C:\Users\takk>

コマンドラインとして <や>と混同しないためでしょうか。
<を-ltと書く必要があります。

次は、foreachです。文法は、

foreach(変数 in 配列){
 処理
}

です。

PS C:\Users\takk> $arr = 1,2,3
PS C:\Users\takk> foreach($a in $arr){
>> echo $a
>> }
>>
1
2
3
PS C:\Users\takk>

inに指定する配列の代わりに直接値を記述できます。

PS C:\Users\takk> foreach($a in 1,2,3){echo $a}
1
2
3
PS C:\Users\takk>

配列は、..で数列にすることもできますので、このようにも書けます。

PS C:\Users\takk> foreach($a in 1..3){echo $a}
1
2
3
PS C:\Users\takk>

他にもdoとかwhileとかの繰り返し構文あります。

では、 0~255までを16進で1行16桁で表示してみましょう。

PS C:\Users\takk> foreach($i in 0..255){
>> $s += "{0:X2} " -f $i
>> if($i % 16 -eq 15){$s += "`r`n"}
>> }
>>
PS C:\Users\takk> echo $s
00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 0A 0B 0C 0D 0E 0F
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 1A 1B 1C 1D 1E 1F
20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 2A 2B 2C 2D 2E 2F
30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 3A 3B 3C 3D 3E 3F
40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 4A 4B 4C 4D 4E 4F
50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 5A 5B 5C 5D 5E 5F
60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 6A 6B 6C 6D 6E 6F
70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 7A 7B 7C 7D 7E 7F
80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 8A 8B 8C 8D 8E 8F
90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 9A 9B 9C 9D 9E 9F
A0 A1 A2 A3 A4 A5 A6 A7 A8 A9 AA AB AC AD AE AF
B0 B1 B2 B3 B4 B5 B6 B7 B8 B9 BA BB BC BD BE BF
C0 C1 C2 C3 C4 C5 C6 C7 C8 C9 CA CB CC CD CE CF
D0 D1 D2 D3 D4 D5 D6 D7 D8 D9 DA DB DC DD DE DF
E0 E1 E2 E3 E4 E5 E6 E7 E8 E9 EA EB EC ED EE EF
F0 F1 F2 F3 F4 F5 F6 F7 F8 F9 FA FB FC FD FE FF

PS C:\Users\takk>

できました。
echoすると毎回改行されてしまいますので、大きな文字列を作成した後、最後に一回でechoしています。

2 responses to “PowerShell(for、foreach)

  1. Pingback: PowerShell(乱数、コマンド置換) | コマンドの達人

  2. Pingback: PowerShell(ForEach-Object) | コマンドの達人

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA