PowerShellでファイルダンプコマンドを作る(その3)

前回作ったファイルダンプ関数は、分かりやすく書くとこんな感じでした。

function dump($fname){
  $arr=@()
  foreach($m in (gc -encoding byte $fname)){
    $arr += "{0:x2}" -f $m
    if($arr.count -eq 16){
      $arr -join " "
      $arr=@()
    }
  }
  $arr -join " "
}

コピーしてPowerShellプロンプト上に貼り付けすると、dump関数が定義されます。

PS C:\Users\takk\tmp>
PS C:\Users\takk\tmp> dump a.bin
01 02 03 04 05 06 07 08 09 0a 0b 0c 0d 0e 0f 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 1a 1b 1c 1d 1e 1f 20
21 22 23 24 25 26 27 28
PS C:\Users\takk\tmp>

さて、ダンプというのに、アドレス部がありません。

今回はアドレス(というかインデックスですが)を表示する関数を、PowerShellで作っていきます。

上の関数を改造します。
インデックスとして$iを設けて、0からの数字をカウントアップしていき、16 Byte単位で、先頭に16進アドレスとして表示してみます。

function dump($fname){
  $arr=@()
  $i=0
  foreach($m in (gc -encoding byte $fname)){
    $arr += "{0:x2}" -f $m
    if($arr.count -eq 16){
      $line=@()
      $line += "{0:x6} " -f $i
      $line += $arr 
      $arr=@()
      $i += 16
      $line -join " "
    }
  }
  $line=@()
  $line += "{0:x6} " -f $i
  $line += $arr 
  $line -join " "
}

長いなあ。
同じように、この関数をコピーして、PowerShellプロンプトに貼り付けると、dump関数が定義されますので、dumpコマンドが使えるようになります。

PS C:\Users\takk\tmp> dump a.bin
000000  01 02 03 04 05 06 07 08 09 0a 0b 0c 0d 0e 0f 10
000010  11 12 13 14 15 16 17 18 19 1a 1b 1c 1d 1e 1f 20
000020  21 22 23 24 25 26 27 28
PS C:\Users\takk\tmp>

とても簡単な表示なのに、関数が長いのが気にいりません。
for文が嫌で、前回、foreachに変えたのですが、$i変数も登場しているし、今度はforの方が都合がよくなってきた気がします。
forを使った関数を考えてみます。

function dump($fname){
  [byte[]]$bin = gc -encoding byte $fname
  for($i=0;$i -le $bin.count;$i+=16){
    $line = @()
    $line += "{0:x6}" -f $i
    $line += $bin[$i..($i+15)]
    $line -join " "
  }
}
PS C:\Users\takk\tmp> dump a.bin
000000 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
000010 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32
000020 33 34 35 36 37 38 39 40
PS C:\Users\takk\tmp>

できました。
と、と、アドレス部が16進数ですが、データ部が10進数表示のままでした。

ファイルから読みだしたデータを配列に格納する前に、16進に変換しておきます。

function dump($fname){
  [string[]]$bin = gc -encoding byte $fname | % { "{0:x2}" -f $_ }
  for($i=0;$i -le $bin.count;$i+=16){
    [string[]]$line = "{0:x6} " -f $i
    $line += $bin[$i..($i+15)]
    $line -join " "
  }
}

出来上がり。だいぶすっきりしました。

上記関数をプロンプトへコピペした後、dumpコマンドを実行。

PS C:\Users\takk\tmp> dump a.bin
000000  01 02 03 04 05 06 07 08 09 0a 0b 0c 0d 0e 0f 10
000010  11 12 13 14 15 16 17 18 19 1a 1b 1c 1d 1e 1f 20
000020  21 22 23 24 25 26 27 28
PS C:\Users\takk\tmp>

表示されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA