test -e(ファイル存在チェック)でワイルドカードを使う

1-3.コマンドライン操作

(Linux入門はコチラ→中級者のためのLinuxコマンド入門)

ある拡張子のファイルが存在するかどうか確認したいだけなのに、testコマンドって使えないですよね。

takk~$ ls
1.bk  2.bk  3.bk
takk~$ test -e *.bk
bash: test: 引数が多すぎます
takk~$ 

ワイルドカードでこのように展開されるからですね。

takk~$ test -e 1.bk 2.bk 3.bk

どうすれば回避できるでしょうか。
lsとheadを使う方法だと、ファイルが存在する場合はうまく行きます。

takk~$ test -e `ls *.bk | head -1`
takk~$ echo $?
0
~$ 

存在しない場合は、lsでエラーとなります。

takk~$ test -e `ls aaaa | head -1`
ls: 'aaaa' にアクセスできません: そのようなファイルやディレクトリはありません
takk~$ 

エラーの出力をどうにかすれば使えそうですが、そもそもlsとheadの結果でtestへの引数を作っているので、これも使えません。結果が0、つまりファイルが見つかったことになってしまいます。

takk~$ test -e `ls aaaa 2>/dev/null | head -1`
0
takk~$ 

findでも同様です。

takk~$ test -e `find -name aaaa | head -1`
0
takk~$ 

いっそのことtest -eや、test -fコマンドを諦めてしまう方法や、ワイルドカードで展開される分だけfor文で回してやろう、なんて強引にtestコマンドにこだわる方法もあります。

-zを使って文字列長でのチェック。結果は逆転します。

takk~$ test -z `find -name aaaa| head -1`;echo $?
0
takk~$ test -z `find -name '*.bk' | head -1`;echo $?
1
takk~$ 

for文で全部回してしまう方法。

takk~$ for i in *.bk;do test -e $i;done;echo $?
0
takk~$ for i in aaaa;do test -e $i;done;echo $?
1
takk~$ 

でも、test -eで、すっきり存在チェックしたいだけなのに、lsやfindやheadやforなどに頼っていたら本末転倒でしょう。
要は、引数を限定するだけでよいので、カスタマイズしたtest -eコマンドをつくれば良いです。関数を作ってみましょう。

takk~$ test-e(){
> test -e $1
> }
takk~$ 

これでtest -eを使いたいときは、test-eと書けば、ワイルドカードが使えるようになります。

takk~$ ls
1.bk  2.bk  3.bk
takk~$ test-e *.bk
takk~$ echo $?
0
takk~$ test-e aaaa
takk~$ echo $?
1
takk~$ 

コメント

  1. WaylonHartfo says:

    I see your blog needs some unique articles. Writing manually is time consuming, but there is solution for this.
    Just search for; Masquro’s strategies

タイトルとURLをコピーしました