コマンドのバージョン確認(busybox/bzcmp)


アニメ『アトム ザ・ビギニング』
さすが一話目から面白かったです。これがあの鉄腕アトムになるのか、ふむふむ、と視聴していました。
パンチが凄いことになっていますが、もう原子力使っているのでしょうか。

試作であってもバージョンはつけるべきかと思いますが、前回 –versionでバージョンが表示されなかったコマンドについて詳しく見ていこうかと思います。

FALSEのコマンドを上から見ていきます。

takk@deb8:~/tmp$ head list
bash	TRUE	GNU bash, バージョン 4.3.30(1)-release (x86_64-pc-linux-gnu)
bunzip2	TRUE	bzip2, a block-sorting file compressor. Version 1.0.6, 6-Sept-2010.
busybox	FALSE
bzcat	TRUE	bzip2, a block-sorting file compressor. Version 1.0.6, 6-Sept-2010.
bzcmp	FALSE
bzdiff	FALSE
bzegrep	FALSE
bzexe	FALSE
bzfgrep	FALSE
bzgrep	FALSE

まずは上のlistの3行目にあるbusybox。本当に–versionが失敗するか確認してみましょう。

takk@deb8:~/tmp$ busybox --version;echo $?
--version: applet not found
1

appletと解釈されているようです。
busyboxのように必ず引数が必要なコマンドの場合は、引数なしでバージョンや使い方が表示されるようになっている場合があります。
引数なしで実行してみます。

takk@deb8:~/tmp$ busybox
BusyBox v1.22.1 (Debian 1:1.22.0-9+deb8u1) multi-call binary.
BusyBox is copyrighted by many authors between 1998-2012.
Licensed under GPLv2. See source distribution for detailed
copyright notices.

Usage: busybox [function [arguments]...]
   or: busybox --list[-full]
   or: busybox --install [-s] [DIR]
   or: function [arguments]...

	BusyBox is a multi-call binary that combines many common Unix
	utilities into a single executable.  Most people will create a
	link to busybox for each function they wish to use and BusyBox
	will act like whatever it was invoked as.

Currently defined functions:
	[, [[, acpid, adjtimex, ar, arp, arping, ash, awk, basename, blockdev,
	brctl, bunzip2, bzcat, bzip2, cal, cat, chgrp, chmod, chown, chroot,
	chvt, clear, cmp, cp, cpio, cttyhack, cut, date, dc, dd, deallocvt,
	depmod, devmem, df, diff, dirname, dmesg, dnsdomainname, dos2unix, du,
	dumpkmap, dumpleases, echo, egrep, env, expand, expr, false, fgrep,
	find, fold, free, freeramdisk, fstrim, ftpget, ftpput, getopt, getty,
	grep, groups, gunzip, gzip, halt, head, hexdump, hostid, hostname,
	httpd, hwclock, id, ifconfig, init, insmod, ionice, ip, ipcalc, kill,
	killall, klogd, last, less, ln, loadfont, loadkmap, logger, login,
	logname, logread, losetup, ls, lsmod, lzcat, lzma, lzop, lzopcat,
	md5sum, mdev, microcom, mkdir, mkfifo, mknod, mkswap, mktemp, modinfo,
	modprobe, more, mount, mt, mv, nameif, nc, netstat, nslookup, od,
	openvt, patch, pidof, ping, ping6, pivot_root, poweroff, printf, ps,
	pwd, rdate, readlink, realpath, reboot, renice, reset, rev, rm, rmdir,
	rmmod, route, rpm, rpm2cpio, run-parts, sed, seq, setkeycodes, setsid,
	sh, sha1sum, sha256sum, sha512sum, sleep, sort, start-stop-daemon,
	stat, strings, stty, swapoff, swapon, switch_root, sync, sysctl,
	syslogd, tac, tail, tar, taskset, tee, telnet, test, tftp, time,
	timeout, top, touch, tr, traceroute, traceroute6, true, tty, udhcpc,
	udhcpd, umount, uname, uncompress, unexpand, uniq, unix2dos, unlzma,
	unlzop, unxz, unzip, uptime, usleep, uudecode, uuencode, vconfig, vi,
	watch, watchdog, wc, wget, which, who, whoami, xargs, xz, xzcat, yes,
	zcat

takk@deb8:~/tmp$ 

あっけなくバージョンが表示されましたね。このようにバージョンが表示される場合は先頭行であることが多い気がします。ですので、headで一行表示して確認しましょう。

takk@deb8:~/tmp$ busybox | head -1
BusyBox v1.22.1 (Debian 1:1.22.0-9+deb8u1) multi-call binary.
takk@deb8:~/tmp$ 

次はlistの5行目のbzcmpです。
いきなり引数なしを実行したいと思います。

takk@deb8:~/tmp$ bzcmp
Usage: bzcmp [cmp_options] file [file]
takk@deb8:~/tmp$ 

使用方法は表示されますが、バージョンオプションはなさそうです。念の為manも確認します。

BZDIFF(1)                   General Commands Manual                  BZDIFF(1)



名前
       bzcmp, bzdiff - bzip2 圧縮されたファイルを比較する

書式
       bzcmp [ cmp_options ] file1 [ file2 ]
       bzdiff [ diff_options ] file1 [ file2 ]

説明
       bzcmp と bzdiff は bzip2 圧縮されたファイルに対し、それぞれ cmp と diff
       プログラムを呼び出すために使われる。 指定されたすべてのオプションは cmp
       や  diff に直接渡される。 ファイルが 1 つしか指定されていない場合、比較
       されるファイルは file1 と file1.bz2 を伸長したファイルである。  2  つの
       ファイルが指定された場合、必要であれば伸長を行ってから、 cmp や diff に
       渡される。 終了状態は cmp や diff のものが採用される。

関連項目
       cmp(1), diff(1), bzmore(1), bzless(1), bzgrep(1), bzip2(1)

バグ
       cmp や diff プログラムのメッセージは、指定されたファイル名ではなく、 テ
       ンポラリのファイル名を参照する。



                                                                     BZDIFF(1)
(END):

バージョンオプションはなさそうです。manから別のコマンドを呼び出しすることはわかりましたが、bzcmpとbzdiffが同じマニュアルとなっているのは何故でしょう。
シンボリックリンクなのか確認します。

takk@deb8:~/tmp$ ls -l /bin/bzcmp
lrwxrwxrwx 1 root root 6  3月 28  2015 /bin/bzcmp -> bzdiff
takk@deb8:~/tmp$ 

やはりシンボリックリンクでした。

では、bzdiffを同じように見ていきます。

takk@deb8:~/tmp$ bzdiff
Usage: bzdiff [diff_options] file [file]
takk@deb8:~/tmp$ 

bzcmpと同様、使い方が表示されました。
それにしても、bzcmpはbzdiffのシンボリックリンクですが、実行した時の結果が異なるのは何故でしょうか。
bzdiff本体をfileコマンドで確認します。

takk@deb8:~/tmp$ file /bin/bzdiff
/bin/bzdiff: POSIX shell script, ASCII text executable
takk@deb8:~/tmp$ 

なんと、スクリプトでしたね。

takk@deb8:~/tmp$ wc -l !$
wc -l /bin/bzdiff
76 /bin/bzdiff
takk@deb8:~/tmp$ 

行数が少ないので全catします。

takk@deb8:~/tmp$ cat -n !$
     1	#!/bin/sh
     2	# sh is buggy on RS/6000 AIX 3.2. Replace above line with #!/bin/ksh
     3	
     4	# Bzcmp/diff wrapped for bzip2, 
     5	# adapted from zdiff by Philippe Troin <phil@fifi.org> for Debian GNU/Linux.
     6	
     7	# Bzcmp and bzdiff are used to invoke the cmp or the  diff  pro-
     8	# gram  on compressed files.  All options specified are passed
     9	# directly to cmp or diff.  If only 1 file is specified,  then
    10	# the  files  compared  are file1 and an uncompressed file1.gz.
    11	# If two files are specified, then they are  uncompressed  (if
    12	# necessary) and fed to cmp or diff.  The exit status from cmp
    13	# or diff is preserved.
    14	
    15	PATH="/usr/bin:/bin:$PATH"; export PATH
    16	prog=`echo $0 | sed 's|.*/||'`
    17	case "$prog" in
    18	  *cmp) comp=${CMP-cmp}   ;;
    19	  *)    comp=${DIFF-diff} ;;
    20	esac
    21	
    22	OPTIONS=
    23	FILES=
    24	for ARG
    25	do
    26	    case "$ARG" in
    27	    -*)	OPTIONS="$OPTIONS $ARG";;
    28	     *)	if test -f "$ARG"; then
    29	            FILES="$FILES $ARG"
    30	        else
    31	            echo "${prog}: $ARG not found or not a regular file"
    32		    exit 1
    33	        fi ;;
    34	    esac
    35	done
    36	if test -z "$FILES"; then
    37		echo "Usage: $prog [${comp}_options] file [file]"
    38		exit 1
    39	fi
    40	set $FILES
    41	if test $# -eq 1; then
    42		FILE=`echo "$1" | sed 's/.bz2$//'`
    43		bzip2 -cd "$FILE.bz2" | $comp $OPTIONS - "$FILE"
    44		STAT="$?"
    45	
    46	elif test $# -eq 2; then
    47		case "$1" in
    48	        *.bz2)
    49	                case "$2" in
    50		        *.bz2)
    51				F=`echo "$2" | sed 's|.*/||;s|.bz2$||'`
    52				tmp=`mktemp "${TMPDIR:-/tmp}"/bzdiff.XXXXXXXXXX` || {
    53				      echo 'cannot create a temporary file' >&2
    54				      exit 1
    55				}
    56	                        bzip2 -cdfq "$2" > "$tmp"
    57	                        bzip2 -cdfq "$1" | $comp $OPTIONS - "$tmp"
    58	                        STAT="$?"
    59				/bin/rm -f "$tmp";;
    60	
    61	                *)      bzip2 -cdfq "$1" | $comp $OPTIONS - "$2"
    62	                        STAT="$?";;
    63	                esac;;
    64	        *)      case "$2" in
    65		        *.bz2)
    66	                        bzip2 -cdfq "$2" | $comp $OPTIONS "$1" -
    67	                        STAT="$?";;
    68	                *)      $comp $OPTIONS "$1" "$2"
    69	                        STAT="$?";;
    70	                esac;;
    71		esac
    72	else
    73		echo "Usage: $prog [${comp}_options] file [file]"
    74		exit 1
    75	fi
    76	exit "$STAT"

なるほどコマンドにバージョンがないのは、スクリプトを見よう、ということでしょうね。
bzcmpもbzdiffもbzip2のラッパーのようです。

One response to “コマンドのバージョン確認(busybox/bzcmp)

  1. Pingback: コマンドのバージョン確認(bzgrep/bzfgrep/bzefgrep) | コマンドの達人

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA