Vimでらくらくオプション設定


アニメ『プラスティック・メモリーズ』

切ないお話です。記憶がなくなってしまうのは、自分も周囲も辛いでしょうねえ。

最近(おそらくセイバーを見つけた時から)、Vim熱が出てきたので、Vimの記事が多くなって行く予感。
Vimはオプションを覚えるのが一苦労ですが、ド忘れする時もありますね。そんな時に使えるメニューからオプションを選んでらくらく設定する方法です。
Vim起動。

takk@deb9:~$ vim

起動したら、optコマンドを実行します。

:opt


optコマンド実行すると、オプションウィンドウが開きます。

下にメニューが並んでます。

このようなオプションメニューがあります。

1 important
2 moving around, searching and patterns
3 tags
4 displaying text
5 syntax, highlighting and spelling
6 multiple windows
7 multiple tab pages
8 terminal
9 using the mouse
10 printing
11 messages and info
12 selecting text
13 editing text
14 tabs and indenting
15 folding
16 diff mode
17 mapping
18 reading and writing files
19 the swap file
20 command line editing
21 executing external commands
22 running make and jumping to errors
23 language specific
24 multi-byte characters
25 various

試しに行番号を非表示にしてみましょう。displaying textまでカーソルを移動して、Enterします。

各オプションが表示されます。カーソルを下に移動させます。

numberのオプションを見つけたら、右の方に、nuとnonuが表示されていますので、nonuにカーソルを合わせて、Enterすると、

元の画面(下の画面)の行番号が非表示になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA