Vimスクリプト(window)(その2)

続きです。

前回削除したバッファを開いたら、最初に開いた時のファイル名file2.txtでバッファが現れました。
しかし、lsの表示では、1番のバッファしか存在してません。
上のバッファに書き込みができるか試してみます。

書き込めました。lsも見てみます。

:ls


やはり1番しかリストに表示されていません。
次は、上のバッファをfile2.txtに保存してみたいと思います。

:!ls file2.txt


ファイル保存はできてそうです。
今まで:bdeleteでバッファ削除してましたが、:bwipeoutを使ってみます。

:wipeout 2
:echo bufexists(2)


これで2番のバッファが完全に消えたようです。
2番を指定してバッファは開けないはずです。

:sb 2


予想通り、開くことはできませんでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA