MediBangファイルフォーマットの解析(vimdiffの色変更)

続きです。
フォーマットの解析をするために、少しずつ変更を施したファイルをバイナリ比較したものに、目でみて塗り絵をしながら確認していきます。

2つ目のレイヤーに少しだけ線を引き、保存したmdpファイルを比較対象にします。

takk@deb8:~/Desktop$ vi -O file-layer3.mdp file-layer3-dot2.mdp

Vimの縦スプリットで起動。

バイナリモードにして、xxdコマンドでバイナリに変換します。

:windo set bin|%!xxd


diffthisで比較します。

:windo difft


ここから塗り絵がしやすいように、ハイライトを消していきます。
まずは、syntaxがうるさいので、オフ。

:syntax off


次は、差分のある行の外側を紫背景ではなく、黒背景にします。

:hi DiffChange ctermbg=8


今度は差分のある行の内側を赤背景ではなく、赤字にします。

:hi DiffText ctermbg=8 ctermfg=1


右側の下の方が見えていないので、スクロールさせます。

追加されている部分の背景が青色になっていますね。
これも塗り絵しにくいので、グレーにします。

:hi DiffAdd ctermbg=0


左右をもう少し近づけます。


クローズアップして、

一致する部分を黄色で囲みました。追加された部分が緑色の斜線部分です。

続く。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA