Windowsコマンド(typeperf)(その4)

typeperfの-cfオプションを使ってみます。

C:\Users\takk\tmp>typeperf -cf /?

Microsoft R TypePerf.exe (10.0.17763.1)

使い方:
typeperf -cf <ファイル名> [オプション]

オプション:
  -cf <ファイル名>              監視するパフォーマンス カウンターを含んでいるファイルです。1 行に 1 カウンターです。

C:\Users\takk\tmp>

以下のような1カウンターの一覧ファイルを作成しました。

C:\Users\takk\tmp>type counters.txt
"\Processor(_Total)\% Processor TIme"
C:\Users\takk\tmp>

では作成したファイルを指定して実行。

C:\Users\takk\tmp>typeperf -cf counters.txt

"(PDH-CSV 4.0)","\\DESKTOP-GQ56KQL\Processor(_Total)\% Processor TIme"
"04/20/2019 23:23:06.966","1.966808"
"04/20/2019 23:23:07.972","3.001468"
"04/20/2019 23:23:08.978","1.978572"
"04/20/2019 23:23:09.983","3.757917"
                                      
コマンドは、正しく完了しました。

C:\Users\takk\tmp>

おっ、動いた動いた。Timeのiが大文字だったけれども、動きました。
では、もう一行カウンタを増やしたファイルを作成して、

C:\Users\takk\tmp>type counters.txt
"\Processor(_Total)\% Processor Time"
"\Processor(_Total)\% Idle Time"

C:\Users\takk\tmp>

最後に空行も入れてみて、
このファイルを指定して実行してみます。

C:\Users\takk\tmp>typeperf -cf counters.txt

"(PDH-CSV 4.0)","\\DESKTOP-GQ56KQL\Processor(_Total)\% Processor Time","\\DESKTOP-GQ56KQL\Processor(_Total)\% Idle Time"
"04/20/2019 23:28:29.714","5.110309","93.122774"
"04/20/2019 23:28:30.719","2.062724","92.722700"
"04/20/2019 23:28:31.725","4.493197","93.109506"
"04/20/2019 23:28:32.730","3.704315","93.110954"
"04/20/2019 23:28:33.737","4.455269","92.649159"
"04/20/2019 23:28:34.744","6.194681","92.245817"
                                      
コマンドは、正しく完了しました。

C:\Users\takk\tmp>

もちろん、他オプションも指定できますね。

C:\Users\takk\tmp>typeperf -cf counters.txt -si 10 -sc 2

"(PDH-CSV 4.0)","\\DESKTOP-GQ56KQL\Processor(_Total)\% Processor Time","\\DESKTOP-GQ56KQL\Processor(_Total)\% Idle Time"
"04/20/2019 23:29:26.791","3.958254","92.920720"
"04/20/2019 23:29:36.800","4.457746","90.027679"
                                      
コマンドは、正しく完了しました。

C:\Users\takk\tmp>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA