ファイルダンプコマンドを作る(その4)

前回、odコマンドのダンプの省略の仕組みについて理解したので、
今回は、またPowerShellに戻り、自作のファイルダンプコマンドについて、省略機能を追加したいと思います。

以前作ったファイルダンプコマンド(関数)は、これです。

function dump($fname){
  [string[]]$bin = gc -encoding byte $fname | % { "{0:x2}" -f $_ }
  for($i=0;$i -le $bin.count;$i+=16){
    [string[]]$line = "{0:x6} " -f $i
    $line += $bin[$i..($i+15)]
    $line -join " "
  }
}

さて、一行前と一致しているかの判定方法ですが、Compare-Objectを使います。
diffというエイリアスが切られています。短くて使いやすいのでdiffという名前の方を使っていきます。
diffの動きです。

PS C:\Users\takk\tmp> $a=1..5
PS C:\Users\takk\tmp> $b=1,3,5
PS C:\Users\takk\tmp> diff $a $b

                            InputObject SideIndicator
                            ----------- -------------
                                      2 <=
                                      4 <=


PS C:\Users\takk\tmp>

配列$aと配列$bが一致していない場合に、差分を表示してくれます。
一致する場合は、何も戻りません。

関数化してみましょう。

PS C:\Users\takk\tmp> function check($aa,$bb){
>> $ret = diff $aa $bb
>> if($ret -eq $null){ echo MATCH }
>> else { echo "NOT MATCH" }
>> }
>>
PS C:\Users\takk\tmp>

一致した場合に、MACTHと表示して、不一致だった場合に、NOT MATCHと表示する関数を作りました。使ってみます。

PS C:\Users\takk\tmp> $a
1
2
3
4
5
PS C:\Users\takk\tmp> $b
1
3
5
PS C:\Users\takk\tmp> check $a $b
NOT MATCH
PS C:\Users\takk\tmp>

$aと$bは不一致なので、答えは合ってますね。
次は、$bを$aと同じ配列にしてみます。

PS C:\Users\takk\tmp> $b=1..5
PS C:\Users\takk\tmp> $b
1
2
3
4
5
PS C:\Users\takk\tmp> check $a $b
MATCH
PS C:\Users\takk\tmp>

MATCHと表示されました。問題ないようです。
この判定方法を、dumpに組み込みます。

function dump($fname){
  $pre=@()
  [string[]]$bin = gc -encoding byte $fname | % { "{0:x2}" -f $_ }
  for($i=0;$i -le $bin.count;$i+=16){
    [string[]]$line = "{0:x6} " -f $i
    $line += $bin[$i..($i+15)]
    $ret = diff $line $pre
    if($ret -eq $null){
      echo "*"
    }else{
      $line -join " "
    }
    $pre=$line
  }
}

組み込みました。

確認します。

PS C:\Users\takk\tmp> 1..100 | % {[byte[]]$bin += 0}
PS C:\Users\takk\tmp> $bin.count
100
PS C:\Users\takk\tmp> $bin[0]
0
PS C:\Users\takk\tmp> $bin[99]
0
PS C:\Users\takk\tmp> sc -value $bin -encoding byte a.bin
PS C:\Users\takk\tmp>

100Byteのオール0の配列を作って、a.binというファイルに保存しました。

さて、動くでしょうか。

PS C:\Users\takk\tmp> dump a.bin
000000  00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
000010  00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
000020  00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
000030  00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
000040  00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
000050  00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
000060  00 00 00 00
PS C:\Users\takk\tmp>

ん~。だめです。
どうやら、アドレス部まで比較していたようで、当然一致するわけがなく、全部が表示されていたようです。

直します。

function dump($fname){
  $line=@()
  $pre=@()
  $cur=@()
  [string[]]$bin = gc -encoding byte $fname | % { "{0:x2}" -f $_ }
  for($i=0;$i -le $bin.count;$i+=16){
    $cur = $bin[$i..($i+15)]
    $ret = diff $cur $pre
    if($ret -eq $null){
      if($line -ne "*"){
        $line = "*"
	$line
      } 
    }else{
      $line = "{0:x6} " -f $i
      $line += $cur
      $line -join " "
    }
    $pre=$cur
  }
}

直したコマンドを確認します。

PS C:\Users\takk\tmp> dump a.bin
000000 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00
*
000060 00 00 00 00
PS C:\Users\takk\tmp>

動きました。

今度はオール0ではなく、値を省略されないように変更したファイルで確認。

PS C:\Users\takk\tmp> $bin=1..100
PS C:\Users\takk\tmp> sc -value $bin -encoding byte a.bin
PS C:\Users\takk\tmp> dump a.bin
000000 01 02 03 04 05 06 07 08 09 0a 0b 0c 0d 0e 0f 10
000010 11 12 13 14 15 16 17 18 19 1a 1b 1c 1d 1e 1f 20
000020 21 22 23 24 25 26 27 28 29 2a 2b 2c 2d 2e 2f 30
000030 31 32 33 34 35 36 37 38 39 3a 3b 3c 3d 3e 3f 40
000040 41 42 43 44 45 46 47 48 49 4a 4b 4c 4d 4e 4f 50
000050 51 52 53 54 55 56 57 58 59 5a 5b 5c 5d 5e 5f 60
000060 61 62 63 64
PS C:\Users\takk\tmp>

問題ないようです。
dumpコマンド、少しずつ良くなっていきます。