Windowsコマンド(cacls)(その2)

続きです。

管理者権限のcmdから、前回作成したtest.txtを削除します。


C:\Users\takk\Desktop>del test.txt

C:\Users\takk\Desktop>dir
 ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
 ボリューム シリアル番号は 20C6-F2AA です

 C:\Users\takk\Desktop のディレクトリ

2019/01/20  16:03    <DIR>          .
2019/01/20  16:03    <DIR>          ..
               0 個のファイル                   0 バイト
               2 個のディレクトリ  186,578,243,584 バイトの空き領域

C:\Users\takk\Desktop>

再度test.txtを作成。


C:\Users\takk\Desktop>echo HELLO > test.txt

C:\Users\takk\Desktop>cacls test.txt
C:\Users\takk\Desktop\test.txt <アカウント ドメインが見つかりません>(ID)F
                               NT AUTHORITY\SYSTEM:(ID)F
                               BUILTIN\Administrators:(ID)F
                               DESKTOP-TRO4JUU\takk:(ID)F


C:\Users\takk\Desktop>

今度は、既存の権限を維持したまま、testuser2の権限のみ付与します。
caclsの/eオプションを使います。

C:\Users\takk\Desktop>cacls test.txt /e /g testuser2:f
処理ファイル: C:\Users\takk\Desktop\test.txt

C:\Users\takk\Desktop>

さて、ファイルの権限はどう変わっているでしょうか。

C:\Users\takk\Desktop\test.txt DESKTOP-TRO4JUU\testuser2:F
                               <アカウント ドメインが見つかりません>(ID)F
                               NT AUTHORITY\SYSTEM:(ID)F
                               BUILTIN\Administrators:(ID)F
                               DESKTOP-TRO4JUU\takk:(ID)F


C:\Users\takk\Desktop>

testuser2のみが追加されて、他のユーザはそのままです。今度はうまくいきました。