BASIC(READ/DATA)


ドラマ『ベイビーステップ』
アニメ化もされてるテニス漫画の実写化です。
何事も計画通り進めなければ気が済まない丸尾栄一郎。ノートの取り方完璧です。見習いたいです。そんな栄一郎がテニスにはまるとどうなるか。やはりデータを大事にします。とにかくデータをノートに記録します。

今回もBASICです。DATAを使うと楽に定数定義できます。

takk@deb9:~/tmp$ cat read-data1.bas | nl -ba -i10 -v10
    10  '$lang: "qb"
    20
    30  data 500
    40
    50  read a
    60
    70  print a
takk@deb9:~/tmp$

,(カンマ)で区切って一行に複数の値を定義できます。

takk@deb9:~/tmp$ cat read-data2.bas | nl -ba -i10 -v10
    10  '$lang: "qb"
    20
    30  for i = 1 to 10
    40  read a
    50  print a
    60  next
    70
    80  data 10,20,30,40,50
    90  data 60,70,80,90,100
takk@deb9:~/tmp$

READで複数の変数に格納するには、変数を,(カンマ)で区切っ指定します。

takk@deb9:~/tmp$ cat read-data3.bas | nl -ba -i10 -v10
    10  '$lang: "qb"
    20
    30  for i = 1 to 5
    40  read a,b
    50  print a,b
    60  next
    70
    80  data 10,20,30,40,50
    90  data 60,70,80,90,100
takk@deb9:~/tmp$

結果です。

takk@deb9:~/tmp$ ./read-data3
 10            20
 30            40
 50            60
 70            80
 90            100
takk@deb9:~/tmp$

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA