素数アトラクション(その3)

続きです。

準備するもの
  • Linux PC(確認環境はDebian 8.3 Jessie)
  • 端末ウィンドウ(ターミナルソフト)
  • Blender(確認環境はv2.72)

Cylinderの素数階段を透明化します。

yellow=bpy.data.materials.new("yellow")
yellow.diffuse_color=(1,1,0)
yellow.use_transparency=True
yellow.alpha=0.1

パイプ用も透明にします。

pipe=bpy.data.materials.new("pipe")
pipe.diffuse_color=(1,1,0)
pipe.use_transparency=True
pipe.alpha=0.1

パイプのマテリアルを設定。

bpy.context.object.data.materials.append(pipe)

素数階段位置に、ランプを移動するようにキーフレーム設定。

for i, pos in enumerate(pos_list):
    bpy.context.scene.frame_set(i)
    bpy.data.objects['Lamp'].location=pos
    bpy.context.active_object.keyframe_insert(data_path="location")

ランプを明るく

bpy.data.lamps['Lamp'].energy=10
bpy.data.lamps['Lamp'].distance=10
bpy.data.lamps['Lamp'].shadow_method="NOSHADOW"

primeattraction-005
PCが重たくて試してないですが、おそらくジェットコースターが動いてるかのようにランプの光が動くと思います。
(そのうちハイスペックのPCを手に入れて試します)

primeattraction-006
primeattraction-007

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA