コマンドラインからC#でDXライブラリを使う(その2)

コマンドラインからC#でDXライブラリを使う」の続きです。

今回は画像の表示です。

用意した画像は、これです。空のつもりです。

sky.png

そして今回使う、APIは、こちら。
DX.LoadGraphScreen(0,0,”sky.png”,DX.TRUE);

全ソースです。
main.cs

using System;
using DxLibDLL;

class Test{
	[STAThread]
	static void Main(){
		DX.ChangeWindowMode(DX.TRUE);
		DX.SetGraphMode(640,480,32);

		if(DX.DxLib_Init() == -1) return;

		DX.LoadGraphScreen(0,0,"sky.png",DX.TRUE);

		while(DX.ProcessMessage() == 0
			&& DX.CheckHitKey(DX.KEY_INPUT_ESCAPE) == 0){
		}
		DX.DxLib_End();
	}
}

実行画面です。

さて、そらに雲を浮かべたいです。
といっても、難しいことではなく、空の画像の次に雲の画像を表示すればよいだけです。(変な雲ですが)
cloud.png

DX.LoadGraphScreen(0,0,”sky.png”,DX.TRUE);
DX.LoadGraphScreen(320,240,”cloud.png”,DX.TRUE);

上記の2行目をさきほどのソースに追加してビルド、実行すると、このように表示されます。

One response to “コマンドラインからC#でDXライブラリを使う(その2)

  1. Pingback: コマンドラインからC#でDXライブラリを使う(その3) | コマンドの達人

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA