ロケール


アニメ『あそびあそばせ』

馬鹿さ加減最高です。日本語しか喋れないのに、見た目アメリカ人なので、カタコト日本語続けるとか、面白すぎ。

今回は、localeやります。
dateコマンドそのまま実行すると、日本語で表示されますね。分かりやすいです。

takk@deb9:~/tmp$ date
2018年  7月 29日 日曜日 21:12:18 JST
takk@deb9:~/tmp$ 

LANG=Cを指定してやると、英語表記に変わります。

takk@deb9:~/tmp$ LANG=C
takk@deb9:~/tmp$ date
Sun Jul 29 21:12:54 JST 2018
takk@deb9:~/tmp$ 

日本語に戻すには、LANGにja_JP.UTF8を設定します。

takk@deb9:~/tmp$ LANG=ja_JP.UTF8
takk@deb9:~/tmp$ date
2018年  7月 29日 日曜日 21:13:28 JST
takk@deb9:~/tmp$ 

一時的にLANGを変更したいなら、プロセス内で変更するってやり方か、

takk@deb9:~/tmp$ (LANG=C;date)
Sun Jul 29 21:13:58 JST 2018
takk@deb9:~/tmp$ 

コマンドの前に、LANGを指定するやり方。

takk@deb9:~/tmp$ LANG=C date
Sun Jul 29 21:14:24 JST 2018
takk@deb9:~/tmp$ 

一時的なので、このようにただのdateを入力すると、元に戻ります。

takk@deb9:~/tmp$ date
2018年  7月 29日 日曜日 21:14:40 JST
takk@deb9:~/tmp$ 

他の言語も表示できるようにしてみましょう。
rootに変更。※ rootじゃなくてもsudoつかってもよいです。
/etc/locale.genを編集します。

takk@deb9:~/tmp$ su -
root@deb9:~# vi /etc/locale.gen

ja_JP.UTF8の行は、コメントアウトされていると思います。

# iu_CA UTF-8
# ja_JP.EUC-JP EUC-JP
ja_JP.UTF-8 UTF-8
# ka_GE GEORGIAN-PS
# ka_GE.UTF-8 UTF-8

使いたい言語の行をコメントアウトします。今回はフランス語にします。

# fr_CH.UTF-8 UTF-8
# fr_FR ISO-8859-1
fr_FR.UTF-8 UTF-8
# fr_FR@euro ISO-8859-15
# fr_LU ISO-8859-1
# fr_LU.UTF-8 UTF-8

locale-genを実行

root@deb9:~# locale-gen
Generating locales (this might take a while)...
  fr_FR.UTF-8... done
  ja_JP.UTF-8... done
Generation complete.
root@deb9:~# exit
ログアウト
takk@deb9:~/tmp$

では、フランス語でdateを表示してみましょう。

takk@deb9:~/tmp$ LANG=fr_FR.UTF8 date
dimanche 29 juillet 2018, 21:09:49 (UTC+0900)
takk@deb9:~/tmp$ 

フランス語読めないので、合ってるかどうかわかりません。こちらのブログを参考に確認することにします。

1日1行!フランス語の日付の前置詞と書き方 動画付き

7月は、juliletで、日曜日は、dimancheで合ってるっぽいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA