素数アトラクション(その1)

素数オブジェでアトラクションを作っていきます。
上からビー玉を転がすだけの仕掛けが目標。

準備するもの
  • Linux PC(確認環境はDebian 8.3 Jessie)
  • 端末ウィンドウ(ターミナルソフト)
  • Blender(確認環境はv2.72)

まず、坂を緩やかに、カーブも緩やかに改造します。

前回のソースから以下の変更を加えています。
階段を置く方向を4方向から8方向に。

s2=math.sqrt(2)
forwards=[(0,2,0),(s2,s2,0), (2,0,0),(s2,-s2,0),(0,-2,0),(-s2,-s2,0),(-2,0,0),(-s2,s2,0)]
ups=[(0,2,0.4),(s2,s2,0.4), (2,0,0.4),(s2,-s2,0.4),(0,-2,0.4),(-s2,-s2,0.4),(-2,0,0.4),(-s2,s2,0.4)]

Cubeからシリンダーに変更。

while num < 500:
     bpy.ops.mesh.primitive_cylinder_add(location=pos)

3で終わる素数の時に方向切り替え。

             if (num % 10) == 3:
                 forward=forwards.pop(0)
                 forwards.append(forward)
                 up=ups.pop(0)
                 ups.append(up)

primeatraction-001

次回、枠をつけて、転がす玉を上に乗せます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA