省略するとheadのブランチナンバーになる(rcs)

rcs 学習中です。

rcsのレビジョン番号ですが、

ブランチナンバー.レビジョンナンバー

ドットから左側をブランチナンバー、右側をレビジョンナンバーと呼びます。
※詳しくはinfo rcsで出てきます。

で、前回、rcs logコマンドにブランチナンバーを指定せずにレビジョンナンバーだけを指定したら、このような結果になりました。

takk@deb9:~/tmp$ rcs log -r.5 test2.c | grep ^rev
revision 1.5
takk@deb9:~/tmp$

全情報も確認しておきます。

takk@deb9:~/tmp$ rcs log -r.5 test2.c

RCS file: RCS/test2.c,v
Working file: test2.c
head: 1.102
branch:
locks: strict
access list:
symbolic names:
keyword substitution: kv
total revisions: 102;   selected revisions: 1
description:
test
----------------------------
revision 1.5
date: 2018/09/23 07:04:11;  author: takk;  state: Exp;  lines: +1 -1
AUTO CHECK IN
=============================================================================
takk@deb9:~/tmp$

ブランチナンバーを省略することで、ワイルドカード指定になるんでしょうか。
今は、以下の通りブランチナンバーは1なので、2にアップしてから確認したいと思います。

takk@deb9:~/tmp$ rcs log test2.c | grep ^rev | cut -d. -f1 | uniq -c
    102 revision 1
takk@deb9:~/tmp$
takk@deb9:~/tmp$ rcs -l test2.c
RCS file: RCS/test2.c,v
1.102 locked
done
takk@deb9:~/tmp$ chmod 644 test2.c
takk@deb9:~/tmp$ vi test2.c
takk@deb9:~/tmp$ rcs ci -r2 test2.c
RCS/test2.c,v  <--  test2.c
new revision: 2.1; previous revision: 1.102
enter log message, terminated with single '.' or end of file:
>> v2
>> .
done
takk@deb9:~/tmp$

headを確認します。

takk@deb9:~/tmp$ rcs log test2.c | grep ^head
head: 2.1
takk@deb9:~/tmp$

2.1になりましたね。

では、ブランチナンバーを省略してレビジョン指定、やってみます。

takk@deb9:~/tmp$ rcs log -r.1 test2.c | grep ^rev
revision 2.1
takk@deb9:~/tmp$

あれ、2.1が表示されました。省略すると、headのブランチナンバーが使用されるのでしょうか。
では、.5を指定してみます。

takk@deb9:~/tmp$ rcs log -r.5 test2.c | grep ^rev
takk@deb9:~/tmp$

レビジョン1.5が表示されるわけではないようです。やはりheadのブランチナンバーが適用されるということですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA