Vimスクリプト(:argadd)


アニメ『炎炎ノ消防隊』

これも漫画を見てないので、アニメだけを見た感想なんですが、よくわからんなあ、が正直なところ。どうせバトルものなんだから、ずっと見てれば面白くなるに決まってるのですが、どうも一話を見ただけでは何も掴まれませんでした。このように本編は全然見る気がなくなってしまったのですが、Mrs.GREEN APPLEの曲がかっこよくてOPばかり見てます。

arglistとbuffer-listが一致しないままVimを使用するのはまだ不安なので、両者を一致>させる方法を考えてみます。

今起動しているVimは、このように両リストは不一致しています。

:ls
:args

arglistに、test_6.txtが不足しているので、arglistにtest_6.txtを追加するだけですね
。 おそらくargをaddするコマンドがあると思います。ヘルプで見てみます。

:h argadd
:[count]arga[dd] {name} ..                      *:arga* *:argadd* *E479*
:[count]arga[dd]
                        Add the {name}s to the argument list.  When {name} is
                        omitted add the current buffer name to the argument
                        list.
                        If [count] is omitted, the {name}s are added just
                        after the current entry in the argument list.
                        Otherwise they are added after the [count]'th file.
                        If the argument list is "a b c", and "b" is the
                        current argument, then these commands result in:
                                command         new argument list
                                :argadd x       a b x c
                                :0argadd x      x a b c
                                :1argadd x      a x b c
                                :$argadd x      a b c x
                        And after the last one:
                                :+2argadd y     a b c x y
                        There is no check for duplicates, it is possible to
                        add a file to the argument list twice.
                        The currently edited file is not changed.
                        Note: you can also use this method:
                                :args ## x 
                        This will add the "x" item and sort the new list.

使ってみます。

                 
:argadd test_6.txt              

順番は違いますが、リストの数は一致しました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA