Vimスクリプト(getftime)

TVアニメ『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』PV第2弾

アニメ『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』

最近の異世界アニメは異世界行くまですっきりしてみやすいのだけど、最初の紹介、見るのがめんどくさかった。いまいちハマれないなあ。ストーリー始まっても、高校生であることにときめきを感じないし、いやむしろ見てて痛いです。お金儲け、ドヤってところ特に。高校生の設定にしている理由がわからんのですが、同じ能力のまま、超人小学生たちだったらハマる気がする。でもOPにはものすごくハマりました。何十回も聴いてます。まとめてコラボでも聞きたい。
OPしか褒めてないのですが、どんな展開になるかは気になってるので、最後まで視聴する予定です。

getftime使います。
ヘルプ。

getftime({fname})                                       *getftime()*
                The result is a Number, which is the last modification time of
                the given file {fname}.  The value is measured as seconds
                since 1st Jan 1970, and may be passed to strftime().  See also
                |localtime()| and |strftime()|.
                If the file {fname} can't be found -1 is returned.

ファイルのタイムスタンプを1970年からの秒カウントで返してくれるんですね。

まずは適当にファイルを作成。

/tmp $ touch test1.txt
/tmp $

getftimeを使ってみます。

/tmp $ vim -c 'getftime("test1.txt")'


エラーになりました。
echoつけるの忘れてました。

/tmp $ vim -c 'echo getftime("test1.txt")'


ちゃんと表示されました。
時間は多分合ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました