Vimスクリプト(vimgrep)(その6)

:vimgrep 続きです。

サンプルが単純なので検索結果もシンプルになってしまい、:vimgrepやgetqflistのありがたさがわかりません。

もう少し複雑なサンプルにしてみます。

/tmp $ rm test*.txt
/tmp $ for i in {1..100};do echo HELLO$i>>test.txt;done

100行のファイルをシャッフル。

/tmp $ sort -R test.txt > base.txt
/tmp $ rm test.txt
/tmp $ split -l20 base.txt test_
/tmp $ ls test*
test_aa test_ab test_ac test_ad test_ae
/tmp $ 

ファイル5個作成しました。内容はこれです。

Vimを起動後、:vimgrepで検索。キーワードは3にしました。

:vimgrep 3 test*

:copenでヒットした箇所一覧を確認。

:copen


つづく

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA