Windowsコマンド(fsutil file)(その3)


アニメ『私に天使が舞い降りた!』

妹の友達に夢中のみゃー姉です。夢中というかひとめ惚れってやつですね。
みゃー姉は、何やってる人なんでしょう。いつもジャージなのに、かわいい服作れるし。
おいしいお菓子作れるし。
ひげろう?とかも気になります。

まだfsutil fileです。
続きのサブコマンドを叩いていきます。

C:\Users\takk2>fsutil file setcasesensitiveinfo
使用法 : fsutil file setCaseSensitiveInfo <ディレクトリ名> [フラグ]
フラグ : enable   - <ディレクトリ名> の大文字と小文字を区別する属性を有効にする (既定値)
      : disable  - <ディレクトリ名> の大文字と小文字を区別する属性を無効にする
   例 : fsutil file setCaseSensitiveInfo C:\TempFolder enable
        fsutil file setCaseSensitiveInfo C:\TempFolder disable

C:\Users\takk2>

なんと、大文字小文字区別できるとは。

C:\Users\takk2>fsutil file setshortname
使用法: fsutil file setShortName <ファイル名> <短い名前>
   例 : fsutil file setShortName C:\testfile.txt testfile

C:\Users\takk2>

ショートネームも自由につけられるんですね。

C:\Users\takk2>fsutil file setvaliddata
使用法: fsutil file setValidData <ファイル名> <データの長さ>
   例 : fsutil file setValidData C:\testfile.txt 4096

C:\Users\takk2>

なんだか面白そうなコマンドです。

C:\Users\takk2>fsutil file setzerodata
使用法: fsutil file setZeroData offset=<値> length=<値> <ファイル名>
   offset : ファイル オフセット、ゼロに設定する範囲の開始点
   length : ゼロの範囲の長さ (バイト)
   例 : fsutil file setZeroData offset=100 length=150 C:\Temp\sample.txt

C:\Users\takk2>

EOFをどこに設定するか指定できるのでしょうか。今度調べてみようと思います。

C:\Users\takk2>fsutil file seteof
使用法 : fsutil file setEOF <ファイル名> <長さ>
   例 : fsutil file setEOF C:\testfile.txt 1000

C:\Users\takk2>

このコマンドは英語を見てもよく分らんですねえ。

C:\Users\takk2>fsutil file setstrictlysequential
使用法 : fsutil file setStrictlySequential <ファイル名>
   例 : fsutil file setStrictlySequential C:\testfile.txt

C:\Users\takk2>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA