Windowsコマンド(net help)(その2)

続きです。
net help servicesの表示を確認します。

C:\Users\takk\tmp>net help services
このコマンドの構文は次のとおりです:

SERVICES
NET START を使用して、次のサービスを開始できます。

   NET START BROWSER
   NET START DHCP CLIENT
   NET START EVENTLOG
   NET START FILE REPLICATION
   NET START NETLOGON
   NET START PLUG AND PLAY
   NET START REMOTE ACCESS CONNECTION MANAGER
   NET START ROUTING AND REMOTE ACCESS
   NET START RPCSS
   NET START SCHEDULE
   NET START SERVER
   NET START SPOOLER
   NET START TCP/IP NETBIOS HELPER
   NET START UPS
   NET START WORKSTATION

コマンド プロンプトで入力するときに、2 語以上で構成されるサービス名は
二重引用符で囲む必要があります。たとえば、「NET START "DHCP Client"」と入力
すると、DHCP クライアント サービスを開始します。



C:\Users\takk\tmp>

次は、nameを指定。

C:\Users\takk\tmp>net help name
このコマンドの構文は次のとおりです:

NET
    [ ACCOUNTS | COMPUTER | CONFIG | CONTINUE | FILE | GROUP | HELP |
      HELPMSG | LOCALGROUP | PAUSE | SESSION | SHARE | START |
      STATISTICS | STOP | TIME | USE | USER | VIEW ]

キーワード NET は Windows コマンドを指定します。

「NET HELP コマンド | MORE」と入力すると、ヘルプが一度に 1 画面ずつ表示され
ます。


C:\Users\takk\tmp>

helpコマンドのヘルプを表示してみましょう。

C:\Users\takk\tmp>net help help
このコマンドの構文は次のとおりです:

NET HELP
コマンド
     または
NET コマンド /HELP

  使用可能なコマンドは次のとおりです。

  NET ACCOUNTS             NET HELPMSG              NET STATISTICS
  NET COMPUTER             NET LOCALGROUP           NET STOP
  NET CONFIG               NET PAUSE                NET TIME
  NET CONTINUE             NET SESSION              NET USE
  NET FILE                 NET SHARE                NET USER
  NET GROUP                NET START                NET VIEW
  NET HELP

  NET HELP NAMES は、NET HELP 構文行のさまざまな種類の名前について説明します。
  NET HELP SERVICES は、開始できるサービスを一覧表示します。
  NET HELP SYNTAX は、NET HELP 構文行の読み方を説明します。
  「NET HELP コマンド | MORE」と入力すると、ヘルプが一度に 1 画面ずつ表示
  されます。


C:\Users\takk\tmp>

/?を指定したときのヘルプと何が違うのでしょう。/?のヘルプも確認します。

C:\Users\takk\tmp>net help /?
このコマンドの構文は次のとおりです:

NET HELP
コマンド
     または
NET コマンド /HELP


C:\Users\takk\tmp>

/?の方はあまり充実してないんですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA