Windowsコマンド(reg query)(その3)


アニメ『RobiHachi』

まさか合体ロボが出てくるなんてまったく予想付きませんでした。
予想のつかないドタバタ逃走劇が面白いです。

reg query /v は、キーの名前まで覚えていないと使えませんが、/sを使うと、配下にあるキーと値を全部表示してくれるので便利です。

C:\Users\takk>reg query hkey_local_machine\software\microsoft\msbuild\4.0 /s

HKEY_LOCAL_MACHINE\software\microsoft\msbuild\4.0
    DefaultToolsVersion    REG_SZ    2.0
    MSBuildOverrideTasksPath    REG_SZ    C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\


C:\Users\takk>

もしかしたら、findstrでキー名を指定して表示ってのもできるのでしょうか。

C:\Users\takk>reg query hkey_local_machine /s | findstr DefaultToolsVersion
FINDSTR: 14 行目は長すぎます。
FINDSTR: 14 行目は長すぎます。
FINDSTR: 14 行目は長すぎます。
FINDSTR: 14 行目は長すぎます。
FINDSTR: 14 行目は長すぎます。
FINDSTR: 14 行目は長すぎます。
FINDSTR: 14 行目は長すぎます。
FINDSTR: 14 行目は長すぎます。

ダメそうです。
キーの値まで表示しているので、長すぎるんじゃないかと思います。
ちょっとこの/sオプションの設計、好きじゃないなあ。
値は表示しないで欲しいです。

まあパイプで渡してってのは無理そうですが、reg queryのオプションでなんとかできそうです。

C:\Users\takk>reg query hklm /s /f DefaultToolsVersion

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSBuild\4.0
    DefaultToolsVersion    REG_SZ    2.0

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\MSBuild\4.0
    DefaultToolsVersion    REG_SZ    2.0

検索の完了: 該当 2 件

C:\Users\takk>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA