パーマンのマスクを小さくする(Blender)

ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』
鬼嫁最高でした。最終回は、バードマン(キャプテンマン)出てきましたね。
パーマンマスクって、たちまち小さくなってポケットに入るのが不思議でした。今回はパーマンマスクをボーンで小さくしてみようかと思います。

起動時のCubeはxを押して消して、代わりにSHIFT+aで、UV Sphereを追加。

Segmentsは、扱いやすいように少なめにします。今回は16にしました。

テンキーの1で正面のビューに切り替えます。

s、z、1.3、ENTERで、縦に1.3倍長くします。

zで、ワイヤーに。

bで矩形選択を開始。下半球を選択します。

Verticesを選択して下半球を全部消します。

再度bキーで左側を矩形選択。xで、Verticesを選択して左半分消します。

ワイヤーだと見づらいので、zでソリッドにします。

Modifiersをクリック

Mirrorを選びます。

左右対称になりました。

エディットモードで、全選択して、Subdivideをクリック。

10分割を指定。

aで全選択を解除して、CTRL+TAB+3で、face選択にします。

cで円形選択を開始し、

パーマンの目のようになるように塗りつぶします。

目の形が決まったら、くりぬきます。

良い感じになりました。

次は目の縁取りのため、目の周囲の面を選択していきます。

選択箇所をeキーを押して、押し出します。

次は耳を作ります。側面のビューにします。

目のくりぬきと同じ要領です。

eで押し出しして耳にします。

さらにアンテナを伸ばします。

TABキーでオブジェクトモードに変更し、

Add ModifierのApplyを押します。

TABキーで編集モードにすると、左側がもうミラーではなく、実体があることがわかります。

もう一度TABキーを押して、オブジェクトモードに戻したら、SHIFT-a Armatureでボーンを追加します。

X-Rayにチェックを入れましょう。

ボーンが見えます。

s、z、3、ENTERで、ボーンを縦に3倍にします。g、z、-1で、ボーンを少し下げます。

編集モードにして、ボーンを全選択したら、Subdivideで10分割ぐらいにします。

オブジェクトモードで、ヘルメットを選択したら、SHIFTを押しながら、ボーンも選択します。

CTRL+pで、automatic weightsを選択。

Pose Modeを選択

pythonコンソールを表示して、スクリプトを書いていきます。

import bpy,math

for bo in bpy.context.active_object.data.bones:
	pb=bpy.data.objects['Armature'].pose.bones[bo.name]
	pb.rotation_mode = 'XYZ'
	pb.rotation_euler.rotate_axis('Z', math.radians(10))

math.radians()の角度を上げていくと、より絞られて小さくなっていきます。

さらに角度を増して、小さくなりました。角が残っているのは、角のSubdivideをしていないからです。

2 responses to “パーマンのマスクを小さくする(Blender)

  1. Hi! I’ve been reading your website for a while now and finally got the courage to go ahead
    and give you a shout out from Dallas Tx! Just wanted to mention keep up the great work!

  2. Hello there! I could have sworn I’ve visited this site before but after looking at many of the posts I realized it’s new to me. Anyhow, I’m certainly delighted I discovered it and I’ll be book-marking it and checking back often!
    http://eduhints.eu

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA