Blenderでガラスの器

Add ModifierのScrewでガラスの器を作ります。

Cubeを消したらCurve Bezierを追加します。

r x 90 Enter、r y -90 Enterで回転して、テンキーの1 5を押し、TABキーで EDITモードに変更します。
EDITモードにて、回転したら器の形になるように、eキーで押し出ししながら、曲線を作ります。

TABキーを押し、OBJECTモードに戻したら、Ctrl+aで、Rotation&ScaleでApplyします。

Add ModifierのScrewをクリックします。

さらに、もう一回Add Modifierから、Solidifyをクリック。 Thicknessを0.05ぐらいの厚みにします。

もう一度Add ModifierでSubdivision surfaceをクリック。

マテリアルをクリック。

Blender RenderからCycles Renderにした後、マテリアルのShaderをGlass BSDFに設定します。

Lampを器の上ぐらいに移動します。

Lampの設定を、Sizeを3、Sterngthを3000ぐらいにします。

Shift + aでMesh のPlaneを追加します。

レンダリングの設定をします。
DimensionsのResolutionを、作成したい画像サイズに合わせます。
SamplingのRenderを細かくして、きれいな画像ができるようにします。

F12キーで、レンダリング開始です。
しばらく待てば、タイトルの画像が出来上がります。

One response to “Blenderでガラスの器

  1. Pingback: Blenderでチョコレートブロック | コマンドの達人

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA