毎日練習してたらプログラマーでもアニメ絵が描けるようになるのか(その2)

毎日練習してたらプログラマーでもアニメ絵が描けるようになるのか(その1)」の続きで、今回は塗り絵です。

「MediBang Paint Pro」を使って塗り絵を練習します。

塗り絵をするには、線画が要りますが、フリーハンドではまだきれいに描けないので、定規を使って描いてみました。

「エロマンガ先生」の和泉 紗霧(いずみ さぎり)のつもりです。首から下はまだ描けないので、頭の塗り絵だけやります。

色の塗り方は、まったく分からなかったのでここで学習しました。

動画なので、分かり易いです。一通りツールの使い方が覚えられます。

では、塗り絵を始めましょう。
まずは起動から。下絵の画像ファイルをMediBang Paint Proのショートカットの上にドラッグします。

起動すると、このような画面になります。

私が作成した下絵は背景が透明色ではなく白色だったので、線画抽出を行い、背景を透明にします。

白黒の下絵なので、境界線が比較的はっきりしてます。そのままOKをクリックします。

透明色は灰色と白のチェッカー柄です。

次に、ペイントするためのレイヤーを追加します。ショートカットキーは、Alt+l、a、です。

新規レイヤーは、元レイヤーの上に追加されます。上下をひっくり返したいので、レイヤー2をドラッグして、レイヤー1の下に移動します。

色の選択は好みでしょうけど、ここでは色相環を選んでおきます。

肌色から塗りますので、肌色に近い色を選択して、バケツツールをクリックします。

バケツツールを選択している状態では、クリックした箇所に色が落とされ、線画で囲われている部分が塗りつぶしされます。

眉毛から上も、塗り忘れないように、色を落としていきます。

首以外は全部肌色になりました。

次は首です。
再度レイヤーを追加します。

レイヤー3という名前で追加されました。

後で紛らわしくなるので、名前を変更します。

後で消すレイヤーという名前にしました。

次は、ブラシツールを選択します。色は黒にします。

首の境界線を描いていきます。

首の部分が線画で囲まれた状態になればOKです。

肌色を忘れてしまったので、スポイトツールを使います。

頬の部分でクリック。

カラーが肌色になりました。

では、首を塗るために、バケツツールを選択しましょう。

首をクリック。色が付きました。

次は、髪の毛、瞳、リボンと色を塗っていきます。



色を塗ると、だいぶ印象が変わりますね。どんどん別人になっていくようです。

次は白目を作ります。
後で消すレイヤーを利用して目の境界線を描きます。


目が塗り終わったら、頬のピンク色をつけます。ブラシは水彩を選択して、

カラーはピンク。

両頬に色をつけました。

鉛筆で、髪の毛の光を入れます。

後で消すレイヤーを非表示にして、

できあがりです。上達するまで長い道のりになりそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA