アタリの練習用モデルを作る(その5)

アタリの練習用モデルを作る(その4)の続きです。

Smooth Vertexで、頂点をスムーズにならします。

スムーズにならしたときに、鼻が下がってしまったので、また高くします。

丸みを帯びたアタリができました。

次は、スクリプトを実行して、12方向からのレンダリングを一回でやろうと思います。スクリーンをScripting構成にします。

実行するスクリプトです。カメラは固定のまま、オブジェクトを回転させてレンダリングします。

import math

bpy.context.scene.objects.active=D.objects['Sphere']
bpy.ops.transform.rotate(value=-math.radians(90),axis=(0,0,1))

scene = bpy.context.scene
scene.render.resolution_x = 480
scene.render.resolution_y = 360
scene.render.resolution_percentage = 100

camera = bpy.data.objects['Camera']
camera.location = (0, -8, 0)
camera.rotation_euler = (pi/2, 0, 0)
camera.data.type = 'PERSP'
camera.data.angle = 1

basedir='格納先のパス'
for i in range(0,12):
    filename = 'image' + str(i) + '.png'
    bpy.ops.render.render()
    bpy.data.images['Render Result'].save_render(filepath = basedir + filename)
    bpy.context.scene.objects.active=D.objects['Sphere']
    bpy.ops.transform.rotate(value=math.radians(15),axis=(0,0,1))

Python Console へコピペして、Enterを2回ほど押すと実行されます。

Blenderを終了して、格納先のディレクトリを見ると、角度の違う12画像ができていると思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA