Windowsコマンド(fsutil dax)


アニメ『サークレット・プリンセス』

サークレットバウトという競技で、仮想空間で戦うバトルものです。
ビギナーなのにやたら強い主人公。強いのに、サークレットバウトに関して、ずっと無知のまま。この主人公は、田舎に住んでいて、サークレットバウトを2年も我慢してたようです。好きなものを2年も我慢なんて正気ではありません。
私は

今回は、daxです。短すぎて逆に忘れそうです。まあ、サークレットバウトって名前も長すぎて覚えられませんが。

C:\Users\takk2>fsutil dax
---- サポートされている DAX コマンド ----

queryFileAlignment        DAX ボリュームのファイルの配置を照会

C:\Users\takk2>

サブコマンド一つなら、いらない気がするのですが、まあヘルプを見てみましょう。

C:\Users\takk2>fsutil dax queryFileAlignment
使用法   : fsutil dax queryFileAlignment <ファイル名> [オプション]
オプション: q=<クエリ フラグ>        - クエリ フラグ。以下の値のオプションを参照: (既定値は both)
            値: large        - 大きいページの配置を照会します。
                   huge         - 非常に大きいページの配置を照会します。
                   both         - 大きいページと非常に大きいページの両方の配置を照会します。
            ** 注意: 非常に大きいページの配置の照会は、64 ビット アーキテクチャに限定されています。
          n=<範囲の数>  - 出力範囲の数。既定値=すべての範囲。
          s=<ファイル オフセット>       - 範囲の開始ファイル オフセット。既定値=0。
          l=<バイト単位の長さ>   - バイト単位の範囲の長さ。既定値=MAXLONGLONG-StartOffset

   例 : fsutil dax queryFileAlignment C:\Temp\sample.txt
      : fsutil dax queryFileAlignment C:\Temp\sample.txt q=large
      : fsutil dax queryFileAlignment C:\Temp\sample.txt q=huge n=10
      : fsutil dax queryFileAlignment C:\Temp\sample.txt q=both s=0x100 l=0x10000
      : fsutil dax queryFileAlignment C:\Temp\sample.txt q=both n=10 s=0x100 l=0x10000

C:\Users\takk2>

引数にファイルを指定してみましょう。

C:\Users\takk2>echo HELLO > a.txt

C:\Users\takk2>fsutil dax queryFileAlignment a.txt
エラー:  この操作には DAX ボリュームが必要です。

C:\Users\takk2>

ん~。DAXボリュームって何なのでしょう。
使うのにちょいと学習が必要そうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA