Windowsコマンド(fsutil quota)(その9)

まだまだ続くquotaコマンド。
うすうすしかenforceとtrackの違いを分かってないので、再度確認します。

C:\Windows\System32>fsutil quota enforce f:

C:\Windows\System32>

enforceでquota強制しました。
queryします。

C:\Windows\System32>fsutil quota query f:
FileSystemControlFlags = 0x00000002
    このボリュームではクォータが追跡され強制されます
    クォータ イベントのログ作成が無効です
    クォータ値が最新の値です

既定のクォータしきい値 = 0xffffffffffffffff
既定のクォータ制限     = 0xffffffffffffffff

~省略~

SID 名            = DESKTOP-GQ56KQL\takk (User)
変更時刻          = 2019年3月9日   12:38:08
使用クォータ      = 52718592
クォータしきい値  = 52669000
クォータ制限      = 53000000


C:\Windows\System32>

dirも確認します。

F:\tmp>dir
 ドライブ F のボリューム ラベルがありません。
 ボリューム シリアル番号は 64B2-8D30 です

 F:\tmp のディレクトリ

2019/03/09  20:15    <DIR>          .
2019/03/09  20:15    <DIR>          ..
               0 個のファイル                   0 バイト
               2 個のディレクトリ         229,376 バイトの空き領域

F:\tmp>

ちゃんとquotaが効いているようです。
次は、この状態からtrack。

C:\Windows\System32>fsutil quota track f:

C:\Windows\System32>

queryを見てみます。

C:\Windows\System32>fsutil quota query f:
FileSystemControlFlags = 0x00000001
    このボリュームではクォータが追跡されます
    クォータ イベントのログ作成が無効です
    クォータ値が最新の値です

既定のクォータしきい値 = 0xffffffffffffffff
既定のクォータ制限     = 0xffffffffffffffff

~省略~

SID 名            = DESKTOP-GQ56KQL\takk(User)
変更時刻          = 2019年3月9日   12:47:17
使用クォータ      = 52726784
クォータしきい値  = 52669000
クォータ制限      = 53000000


C:\Windows\System32>

フラグが1になってますが、dirの表示は変わるでしょうか。

F:\tmp>dir
 ドライブ F のボリューム ラベルがありません。
 ボリューム シリアル番号は 64B2-8D30 です

 F:\tmp のディレクトリ

2019/03/09  20:15    <DIR>          .
2019/03/09  20:15    <DIR>          ..
               0 個のファイル                   0 バイト
               2 個のディレクトリ  495,141,351,424 バイトの空き領域

F:\tmp>

あれ、quota強制されてません。
ようやく意味が分かってきましたが、ドライブの容量制限したい場合は、enforceで良いのですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA