Windowsコマンド(fsutil objectID)

今回は、fsutil objectidです。
オブジェクトって何だろう、って知識レベルですが、とりあえず叩いてみます。

C:\Users\takk2\tmp>fsutil objectid create
使用法 : fsutil objectID create <ファイル名>
   例 : fsutil objectID create C:\Temp\sample.txt

C:\Users\takk2\tmp>

ファイル名を指定して実行してみます。

C:\Users\takk2\tmp>fsutil objectid create test.txt
エラー:  指定されたファイルが見つかりません。

C:\Users\takk2\tmp>

エラーになりました。存在するファイルしかダメなんですね。

C:\Users\takk2\tmp>dir
 ドライブ C のボリューム ラベルがありません。
 ボリューム シリアル番号は 6C92-6118 です

 C:\Users\takk2\tmp のディレクトリ

2019/03/02  15:08    <DIR>          .
2019/03/02  15:08    <DIR>          ..
2019/03/02  15:08                 7 1.txt
2019/03/02  13:57                13 a.txt
2019/03/02  13:57                13 b.txt
2019/03/02  13:57                13 c.txt
               4 個のファイル                  46 バイト
               2 個のディレクトリ  190,852,743,168 バイトの空き領域

C:\Users\takk2\tmp>
C:\Users\takk2\tmp>fsutil objectid create 1.txt
Object ID :        a19b03989236e911b7410009dd406a72
BirthVolume ID :   a265da2149b51548bb75096a10ed73de
BirthObjectId ID : a19b03989236e911b7410009dd406a72
Domain ID :        00000000000000000000000000000000

C:\Users\takk2\tmp>

ん~。何ができるようになったんでしょうか。

次はqueryしてみます。

C:\Users\takk2\tmp>fsutil objectid query 1.txt
Object ID :        a19b03989236e911b7410009dd406a72
BirthVolume ID :   a265da2149b51548bb75096a10ed73de
BirthObjectId ID : a19b03989236e911b7410009dd406a72
Domain ID :        00000000000000000000000000000000

C:\Users\takk2\tmp>

createした時と同じ情報が表示されました。
deleteしてみます。

C:\Users\takk2\tmp>fsutil objectid delete 1.txt

C:\Users\takk2\tmp>

delele後にqueryすると、

C:\Users\takk2\tmp>fsutil objectid query 1.txt
指定されたファイルにはオブジェクト ID がありません

C:\Users\takk2\tmp>

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA