Windowsコマンド(reg query)(その11)


アニメ『 なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA-』

イケメン仏がたくさん登場します。
全話見れば、仏の名前に詳しくなりそうです。

前回、get_regkeyを複数並べたら暴走して、戻り値の配列数が0になってました。

1回だけget_regkeyを実行して配列数を確認してみます。

PS C:\Users\takk> $all=get_regkey hklm
PS C:\Users\takk> $all.count
6
PS C:\Users\takk>

1回だけ実行する分には、配列数入ってますね。
内容も当然問題ないです。

PS C:\Users\takk> $all
HKEY_LOCAL_MACHINE\BCD00000000
HKEY_LOCAL_MACHINE\HARDWARE
HKEY_LOCAL_MACHINE\SAM
HKEY_LOCAL_MACHINE\SECURITY
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
PS C:\Users\takk>

get_regkeyを2個並べてみます。

PS C:\Users\takk> $all=get_regkey (get_regkey hklm)
エラー: アクセスが拒否されました。
エラー: アクセスが拒否されました。
PS C:\Users\takk> $all.count
43
PS C:\Users\takk>

問題なさそうです。

さらに3個

PS C:\Users\takk> $all=get_regkey (get_regkey (get_regkey hklm))

結果は問題なし。

PS C:\Users\takk> $all.count
4401
PS C:\Users\takk>

もしかしたら、処理を途中で止めたら配列数も0になるのでしょうか。
関数が終わっていないわけなので、それなら納得です。

では同じ処理を、今度は終了前にCtrl+Cで止めてから、戻り値の配列数を確認してみます。

PS C:\Users\takk> $all=@()
PS C:\Users\takk> $all=get_regkey (get_regkey (get_regkey hklm))
エラー: アクセスが拒否されました。
エラー: アクセスが拒否されました。
エラー: アクセスが拒否されました。
PS C:\Users\takk> $all.count
0
PS C:\Users\takk>

0になりました。そういうことですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA