Windowsコマンド(w32tm /query)

ヘルプを確認

w32tm /query [/computer:<ターゲット>]
    {/source | /configuration | /peers | /status}
    [/verbose]
  コンピューターの Windows タイム サービス情報を表示します。
  computer:<ターゲット>
                - <ターゲット> の情報を照会します。指定がない場合は、
                  既定でローカル コンピューターが指定されます。
  source        - タイム ソースを表示します。
  configuration - ランタイムおよび設定の取得元の構成を表示します。
                  詳細モードでは、未定義または未使用の設定も表示します。
  peers         - ピアの一覧とそれらの状態を表示します。
  status        - Windows タイム サービスの状態を表示します。
  verbose       - 詳細情報を表示する詳細モードを設定します。

statusから使ってみます。

C:\Users\takk\tmp>w32tm /query /status
次のエラーが発生しました。 そのサービスを開始できませんでした。 (0x80070426)

C:\Users\takk\tmp>

サービスが起動されていないようなので、
管理者権限でサービスを起動します。

C:\Windows\system32>net start "windows time"
Windows Time サービスを開始します.
Windows Time サービスは正常に開始されました。


C:\Windows\system32>

では、もう一回。

C:\Users\takk\tmp>w32tm /query /status
閏インジケーター: 3 (同期未実行)
階層: 0 (未指定)
精度: -23 (ティックごとに 119.209ns)
ルート遅延: 0.0000000s
ルート分散: 0.0000000s
参照 ID: 0x00000000 (未指定)
最終正常同期時刻: 未指定
ソース: Local CMOS Clock
ポーリング間隔: 10 (1024s)


C:\Users\takk\tmp>

次は/verboseも併せて指定。

C:\Users\takk\tmp>w32tm /query /verbose /status
閏インジケーター: 3 (同期未実行)
階層: 0 (未指定)
精度: -23 (ティックごとに 119.209ns)
ルート遅延: 0.0000000s
ルート分散: 0.0000000s
参照 ID: 0x00000000 (未指定)
最終正常同期時刻: 未指定
ソース: Local CMOS Clock
ポーリング間隔: 10 (1024s)

フェーズ オフセット: 0.0000000s
クロック レート: 0.0156250s
State Machine: 0 (設定解除)
タイム ソース フラグ: 0 (なし)
サーバーのロール: 0 (なし)
最終同期エラー: 1 (時刻データが利用できなかったため、コンピューターは同期をとり直しませんでした。)
最終正常同期時刻からの時間: 788.1244087s


C:\Users\takk\tmp>

次は/sourceを指定。

C:\Users\takk\tmp>w32tm /query /source
次のエラーが発生しました。 アクセスが拒否されました。 (0x80070005)

C:\Users\takk\tmp>

ん? 管理者権限が必要なんでしょうか。
管理者権限で起動したcmdで実行してみます。

C:\Windows\system32>w32tm /query /source
Local CMOS Clock

C:\Windows\system32>

クロックソースが表示されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA