Windowsコマンド(wevtutil gli)

今回は、wevtutil gliです。ヘルプから。

C:\Users\takk\tmp>wevtutil gli /?
イベント ログまたはログ ファイルの状態に関する情報を取得します。

使用法:

wevtutil { gli | get-loginfo } <LOG_NAME>

<LOG_NAME>
ログ名またはログ ファイル パス。オプション /If に true を指定した場合、
これはログ ファイル パスであり、ログ ファイルへのパスが必要です。
/lf が false の場合、これはログ名です。「wevtutil el」と入力すると、
ログ名の一覧を取得できます。

オプション:

短いバージョン (/If) または長いバージョン (/logfile) を使用できます。
オプションとその値は大文字小文字が区別されません。

/{lf | logfile}:[true|false]
ログ ファイルを作成するかどうかを指定します。true を指定した場合、
<LOG_NAME> はログ ファイルのパスです。

例:

wevtutil gli Application

C:\Users\takk\tmp>

使ってみます。

C:\Users\takk\tmp>wevtutil gli system
creationTime: 2019-03-08T17:51:46.336Z
lastAccessTime: 2019-04-12T17:16:09.407Z
lastWriteTime: 2019-04-12T17:16:09.407Z
fileSize: 20975616
attributes: 32
numberOfLogRecords: 20730
oldestRecordNumber: 5965

C:\Users\takk\tmp>

イベントログの情報ですね。

次は、ログファイルを指定してみます。

C:\Users\takk\tmp>wevtutil gli log.evtx
ログ log.evtx のログ ステータス情報を読み取れませんでした。
指定したチャネルは見つかりませんでした。

C:\Users\takk\tmp>

ステータス情報が読めないってどういうことでしょうねえ。
/lf:trueを指定してみます。

C:\Users\takk\tmp>wevtutil gli /lf:true log.evtx
creationTime: 2019-04-12T16:13:27.583Z
lastAccessTime: 2019-04-12T17:58:55.073Z
lastWriteTime: 2019-04-12T16:13:28.057Z
fileSize: 21041152
attributes: 32
numberOfLogRecords: 20711
oldestRecordNumber: 1

C:\Users\takk\tmp>

表示されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA