Terminatorでブロードキャスト


『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』(2015)
たまに英語学習のために洋画を見ます。今回はずっと見たかった「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」を見ました。タイムトラベルがストーリーに絡んでいて、私的にはシリーズで一番面白かったです。

前回まで、Emacs学習していましたが、一旦中断。今回はTerminator見たので、無理やりターミナル(エミュレーター)の「Terminator」を使ってみます。
私はLinuxでは、Terminatorというターミナルを好んで使っていますが、どんなポイントで選んだのかというと、ショートカットキーです。
今回は、複数のターミナルへブロードキャストするショートカットと、画面スプリットのショートカットを使ってみます。
※terminatorは、apt-get install terminatorでインストールできます。

まずは起動から。Terminatorをメニューから探して実行。

このように複数のターミナルを起動して使っています。

ALT + aキーを押すと、フォーカスしていないターミナルがすべて青色のタイトルバーに変わります。

これでブロードキャストできるので、フォーカスしているターミナルから、文字を入力すると、他のターミナルにも文字が表示されます。

もちろんコマンドを実行すると、すべてのターミナルで実行されます。

ブロードキャストを解除するには、ALT + Oキーを押します。青色のタイトルバーは白色に戻ります。

次は、スプリットです。最初は一つのウィンドウ。

Ctrl + Shift + eキーで、ウィンドウが左右に分割されます。

Ctrl + Shift + oキーで、上下の分割されます。フォーカスのあるウィンドウが分割対象です。

ではまた、ブロードキャストを使ってみます。ALT + aキーを押すと、フォーカスしていないウィンドウのタイトルバーが青色になります。

この状態で、コマンドを入力して実行すると、全ウィンドウに適用されます。

ALT + o でブロードキャストを解除。

フォーカスしているウィンドウだけ、入力できる状態に戻ります。

ブロードキャストや、画面スプリット自体は、おそらく他のターミナルエミュレータでも、できると思いますが、Terminatorのショートカットキーのデフォルトの配置が、なんだか使い勝手がいいんです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA