Vimスクリプト(:first)


『トライナイツ』
いろいろ雑だなあと思います。主人公の演技とか、話の展開がうだうだだとか。作画とか。特にラガーマンの体の作画、すごく中途半端。ちょっと怒れてるのは、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の影響で、結構ラグビーが好きになったからです。このアニメもラグビーものってことで、面白い点をもっと活かしてくれればいいのに、って怒れてしまいます。雑なことが多すぎて見入ることができません。

Vimスクリプトというタイトルなのに、ずっとスクリプト使ってないですが、多分タイトルは後で変わります。
今回は:first。arglistの先頭のファイルを選択するときに使います。
いつものように、適当に複数ファイルを起動。

/tmp $ touch test_{1..5}.txt
/tmp $ vim test_*.txt

arglist中の他のファイルを選択します。先頭以外ならどれでも良いです。

:3next

現在のarglistを確認。

:args

では:firstを実行してみます。

:first

先頭のファイルに切り替わったようです。arglistを確認してみます。

:args

:rewindってコマンドも:firstと同じです。
先頭以外のファイルに切り替えてから、

:2next
:args

:rewindを実行。

:rewind 
:args


先頭ファイルになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA