Vimスクリプト(:argdelete)(その2)


アニメ『Dr.STONE』

何先年も石になったまま意識がある状態って、どんだけ気が狂うか。正確に1秒1秒をカウントするってすごいなあ。羊を数えても眠れない人でも、流石に石になった状態だと絶対落ちますね。

引き続き、argdeleteの学習です。

/tmp $ touch test_{1..100}.txt
/tmp $ vim test_*.txt

最初にargs確認。

:args

全てのパターンを指定してargdeleteを実行します。

:argdelete *

特に何も変わってないように見えます。
argsを見てみます。

:args

全部消えてますね。

argcの数も0になっているでしょうか。

:echo argc()

パターンを指定して
バッチリ0になってます。少しずつですが、引数リストについて分かってきました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA